ここから本文です

五輪4連覇を狙うアメリカ女子代表で人気急上昇の“女ロナウジーニョ” ブラジルでも美技が話題に

Football ZONE web 8/10(水) 15:41配信

米誌が報じる フランス戦で見せたヒースのプレーが注目を集める

 リオデジャネイロ五輪では男子サッカーとともに、女子サッカーも大きな盛り上がりを見せている。特に赤丸急上昇の選手は、五輪4連覇を狙うアメリカ代表のMFトビン・ヒースだ。米スポーツ総合誌「スポーツ・イラストレイテッド」によると、“女ロナウジーニョ”として現地で大人気になっているという。

【全選手写真付き】世界の女子サッカー美女ベストイレブン!なでしこジャパンもランクイン

 アメリカ女子代表は今大会初戦のニュージーランド戦、15年カナダ・ワールドカップ(W杯)でMVPに輝いたMFカーリー・ロイド、そして美人FWアレックス・モーガンの2枚看板のアベック弾によって2-0で白星発進すると、続くフランス戦ではペナルティエリア内でボールを受けたヒースの左足シュートがポストに当たって跳ね返ったところをロイドが押し込み、強豪相手に1-0で勝利。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めた(第3戦の結果はコロンビアに2-2)。

 優勝候補の大本命のなかで、ロイド、モーガン以外に注目を集めているのがヒースだ。なでしこジャパンが優勝した11年ドイツW杯、12年ロンドン五輪、15年カナダW杯と招集され続け、カナダW杯決勝では試合を決定づける5点目を奪ったが、今大会では持ち前のテクニックで相手マーカーを翻弄している。

 特に話題となっているのが、フランス戦の後半40分に見せた“ショータイム”だった。左サイドで相手マーカーと1対1になったヒースは右足アウトサイドでボールを持ち出すふりをするやいなや、軸足裏を通すターンで相手の逆を取り、その後はシザースフェイントを仕掛けるなど自らのスキルを見せつけた。

「トビンはサンバをもたらしただけでなく…」

 同誌はこのプレーに対して「ブラジルサッカーの伝説、ロナウジーニョを彷彿とさせるようなプレーでファンを一気に増やした。トビンは少しのサンバをもたらしただけでなく、チームに勝利をもたらした」としつつ、上記のプレーについて「ヒースはGIFマシーンとなった」と、ネット上でその一連の動きが爆発的に再生されることに触れた。

 ヒースのチームへの貢献度はジル・エリス監督も認めるところで、試合後に「彼女のプレースタイルはブラジルの選手に似ていますよね。彼女はこの国を愛し、夢中になってきた。今夜皆さんが見たようにボールを愛していて、素晴らしい才能を持っているんです」と話した。

 女子サッカー王国アメリカが生んだ“女ロナウジーニョ”の人気は、本家サッカー王国でさらにヒートアップするかもしれない。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/10(水) 15:41

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。