ここから本文です

レスターが払った奇跡の代償…岡崎も期待の新戦力とクラブの補強戦略が迎える第2章【現地レポート】

フットボールチャンネル 8/10(水) 10:00配信

昨季はおとぎ話のような優勝を果たしたレスター・シティ。しかし、エンゴロ・カンテはチェルシーに移籍し、数々の有望選手を発掘してきたスカウト長のスティーブ・ウォルシュもエバートンに引き抜かれてしまった。奇跡の代償を払うことになったレスターは新戦力としてナンパリス・メンディを獲得しているが、日本代表の岡崎慎司も大きな期待を寄せている。ミラクルレスターは、間もなく開幕するプレミアリーグでどんな第2章を迎えるのだろうか。(取材・文:Kozo Matsuzawa / 松澤浩三【イングランド】)

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

おとぎ話のような優勝。抜群のチームワークで全員が汗かき役に

 昨季のレスターは誰も予期していなかった奇跡を成し遂げた。それを物語るように、開幕前にブックメーカーが出した優勝オッズは5000倍。現代フットボールの世界ではありえないような、おとぎ話が起こったのである。

 守備陣ではGKのカスパー・シュマイケルとセンターバックでキャプテンのウェス・モーガンを中心に、特に後半戦は堅守でチームが勝利を積み重ねるのに貢献した。ロベルト・フートは、空中戦で抜群の強さを見せて攻守に活躍。クリスティアン・フックスは、安定した守備もさることながら、左足から精度の高いボールを繰り出して好機を演出した。

 中盤に目を移すと、エンゴロ・カンテがバック4の前でボールを奪い、組み立てにも貢献、さらにファイナルサードにも顔を出すなどピッチを掌握した。

 チームの王様となったカンテに触発されたダニー・ドリンクウォーターもシーズンを追うごとに成長、イングランド代表にも招集される存在になった。左サイドのマーク・オルブライトンも、攻撃でのインパクトは少なかったが、豊富な運動量でチームに欠かせない存在だった。

 攻撃陣では、プレミア1年目の岡崎慎司はゴール数こそ5点と少なかったが、献身的な守備と中盤と攻撃をつなげる潤滑油として優勝に貢献。そしてチームは2人の最優秀選手を生んだ。

 17得点11アシストのリヤド・マハレズは記者が選ぶ最優秀選手に輝けば、今やイングランド代表のレギュラーとなったジェイミー・ヴァーディーは24得点を挙げ、惜しくも得点王を逃したものの、選手が選ぶ最優秀選手賞を受賞している。

 なによりチームを支えたのは抜群のチームワークだった。全員が汗かき役をこなして、全員が攻撃参加の意識を持っていた。それでも、ミラクルレスターの主力の中には特に群を抜く活躍を見せた選手たちがいた。

1/3ページ

最終更新:8/10(水) 10:00

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。