ここから本文です

知財計画のモノモノしい議論 --- 中村 伊知哉

アゴラ 8/10(水) 16:20配信

知財本部 検証・評価・企画委員会@霞が関。
知財計画2016策定のための最終会議です。島尻大臣出席のもと、29名の委員が並びました。
第4次産業革命時代の知財イノベーションの推進、知財サイクルの普及・浸透、コンテンツの新規展開の推進、知財システムの基盤整備。
政府調整の結果、素案ができてきました。

しかし本来、この場ではほぼ計画はできていて、シャンシャンとなるべきところ、今回は違います。まず資料は「会議後回収」、傍聴席には配布もされないというモノモノしさ。資料の中も「調整中」の文字が散見されます。それほどナイーブな内容をはらんでいたということです。

結論から言うと、この日、委員からも、意見や注文が相次ぎました。それを踏まえてさらに事務局・委員間の調整が必要で、それは関係省庁との再調整が必要です。さらには与党との調整が必要かもしれません。知財計画の策定、持ち越しです。

コンテンツ分野の議論を紹介しておきましょう。

荒井委員:次世代システムの検討は画期的だが、5~10年後の変化の全体像を示すべき。

奥村委員:AI論議は著作権に偏っているが、産業全体での検討が必要だ。

近藤委員:AI議論は特許等の検討も必要。世界に議論を働きかけるべき。

宮河委員:ドバイのコミック展では、8割が模倣品だった。業界として正規品を提供することが重要だが、同時に教育も重要。海外の啓発を行うべき。

井上委員:孤児著作物はTPPで深刻になる。裁定等について大胆な制度改正を。教育情報化はデジタル教科書の補償金が取り沙汰されているが、その公費負担も検討すべき。

斎藤委員:柔軟な権利制限は業界関係者も参加して議論を詰めるべき。ビジネス側を犠牲にしてまで進めるべきではない。

瀬尾委員:アメリカ型(フェアユース)の仕組みを現状で取り込まないよう注意が必要。

迫本委員:アメリカ型のフェアユースは「紛争処理コスト」の点で問題が大きい。

杉村委員:読んでもわかりにくい。重点政策の概要ペーパーを用意すべき。

野坂委員:政策の時間軸を明確にすべき。AIは創造物をいかに使いこなすか、教育が重要。

野間委員:海外インターンによる教育は効果大。施策を厚くすべき。

森永委員:熊本の地震で、NHKと民放が初めて同時サイマル配信を実施している。だが放送と通信で著作権は別扱い。配信の許諾がないものはフタをしている。欧米では同じ扱いであり、これは問題だ。

重村委員:海外には子供向け教育・教養番組の展開が重要。アメリカは展開が強く、中韓も力を入れている。放送のネット同時配信は東京集中の問題が大きい。ローカルの担保を考えることが必要。

喜連川委員:「デジタル・ネットワーク化」より「AI・ビッグデータ」。タイトルを変えたほうがいい。検索エンジンの悲劇を繰り返すな。ちょっとやんちゃなことをやっていい、というメッセージを含ませたい。

さて、どれとは言いませんが、どう扱ってよいやら悩ましい意見もありつつ、ひとまず会議としては一段落。
最後に一言コメントしました。

「海外展開やネット対応では政府の施策は厚みを増し、民間の成果も現れ始めている。そして今回、次世代システムの議論に取り組んだところ、やはり激論が続くこととなった。

10年前はパッケージ・コンテンツをどうするかが重点で、5年前からはスマホ・クラウド・ソーシャルの「スマート化」への対応が中心となった。だが去年はIoT・AI・ビッグデータへのステージ転換が見られ、ならばと世界をリードする知財政策に取り組んだ。

なんとか一つのとりまとめに至りつつあるが、やはり今日の資料でも政府内「調整中」の文字が並ぶ。取り扱いの難しさを物語る。政府には新環境に向けてのアクションを期待しつつ、当方はそれに対する検証・評価を続けたい。」

さて、もうひとがんばり。ないし、ふたがんばり。ないし。

編集部より:このブログは「中村伊知哉氏のブログ」2016年8月8日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はIchiya Nakamura(http://ichiyanakamura.blogspot.com/)をご覧ください。

中村 伊知哉

最終更新:8/10(水) 16:20

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。