ここから本文です

8強進出へ“他力本願”の手倉森J ナイジェリアの奮闘を願うも指揮官が主力温存を明言

Football ZONE web 8/10(水) 21:57配信

日本のGL突破の必須条件は、首位ナイジェリアが2位コロンビアに引き分け以上

 手倉森ジャパンのリオデジャネイロ五輪ベスト8進出への鍵を握るナイジェリアは、現地時間10日に行われるグループリーグ第3戦のコロンビア戦でターンオーバーを敢行することが濃厚になっている。アフリカメディア「AfricanFootball」が報じている。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 ここまでナイジェリアは日本(5-4)、スウェーデン(1-0)に連勝し、勝ち点6ですでに1位通過を決めている。こうした状況を受けてサムソン・シアシア監督は、主力をベンチスタートにすると語っている。

「私は、すでにリーグの突破を決めていることからこの決断を下した。数人のレギュラー選手は休息が必要な状況にある。トーナメントに進出すれば、延長戦まで戦う可能性もあるからだ。そしてトーナメントに向けて、しっかりとプレーさせておかなくてはいけない選手もいる」

 具体的な選手名は明かされておらず、五輪は登録メンバーが18名であることから、すべての選手を入れ替えることは不可能だ。しかし、オーバーエイジ枠で選出されているチェルシーのMFジョン・オビ・ミケルや、イタリア・ローマ所属のFWサディク・ウマルなど主力級の選手には、休養が与えられる可能性が高いと言えそうだ。

ナイジェリアのサブ組の奮闘を願う状況に…

 手倉森ジャパンにとってナイジェリア対コロンビアの試合結果は、決勝トーナメント進出を大きく左右する。仮に日本がスウェーデンに勝利して勝ち点を4に伸ばしたとしても、コロンビアが勝利すれば勝ち点5となり上回ることができない。日本としては、ナイジェリアがコロンビアに対して引き分け以上の結果を残してくれることが、グループリーグ突破に向けた前提条件になるが、すでに1位通過を決めているナイジェリアはこのグループリーグ最終戦を、準々決勝以降の戦いに向けた調整の場として捉えているようだ。

 こうした苦しい状況を生み出しているのは、日本自身が初戦で、様々なトラブルに見舞われ試合開始7時間前にようやく現地入りしたナイジェリアに、勝利をプレゼントしたことが発端となっている。今はただ、自分たちがスウェーデンに勝利することに全力を傾けながら、ナイジェリアの控え選手たちの躍動を願うしかないようだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/10(水) 22:40

Football ZONE web

Yahoo!ニュースからのお知らせ