ここから本文です

サンパオリ監督、昨季CL王者のレアルを相手に健闘「チームを誇りに思っている」

フットボールチャンネル 8/10(水) 10:30配信

 セビージャを率いるホルヘ・サンパオリ監督が、UEFAスーパーカップのレアル・マドリー戦の後に試合を振り返り、惜しくも敗れたチームを称賛した。9日にスペインメディア『maisfutebol』が報じている。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 試合開始して21分にマドリーのアセンシオに先制ゴールを許すが、40分にバスケスのゴールで同点に追いついた。さらに72分にはコノプリャンカも追加点を決めて逆転に成功する。

 このままセビージャが逃げ切るかに思われた後半アディショナルタイム、マドリーのセルヒオ・ラモスが土壇場でゴールを決めて同点に。そして、延長戦でカルバハルに決勝点を決められセビージャは2-3で敗れてしまった。だが、サンパオリ監督はマドリー相手に健闘したチームを称賛している。

「私はこのチームを誇りに思っている。少ししか準備時間がない中で、このチームは欧州のチャンピオンを倒せるところまでいけたんだ。私はとても感謝しているよ」

 セビージャは昨季ヨーロッパリーグで3連覇を経験している。しかし、そのタイトル獲得に導いたウナイ・エメリ監督がパリ・サンジェルマンの指揮官に就任したことで、サンパオリ監督がチームを任されることとなった。

 約1ヶ月ほどしか準備期間はなかったものの、昨季チャンピオンズリーグで優勝したマドリーを苦しめる戦いぶりを見せている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/10(水) 10:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。