ここから本文です

清武弘嗣、先発フル出場も…地元紙がフィジカル面を指摘「戦い抜くだけのものを備えていない」

フットボールチャンネル 8/10(水) 10:43配信

 セビージャに新加入した日本代表MF清武弘嗣は、UEFAスーパーカップのレアル・マドリー戦で先発フル出場を果たした。試合後にスペイン紙『アス』が各選手の評価を掲載している。

【写真】美の競演…世界の美女サポーターたち

 試合は21分、マドリーのアセンシオに先制点を決められセビージャは追いかける展開に。40分にバスケスのゴールで同点に追いつくと、72分にはコノプリャンカが追加点を決めて逆転に成功する。

 しかし、後半アディショナルにマドリーのセルヒオ・ラモスに同点弾を許し追いつかれてしまう。そして、延長戦でもカルバハルにゴールを決められセビージャは2-3で敗れた。

 120分間戦った清武について同紙は「ほとんどの試合を負傷により離脱していた彼が、先発メンバーに入ったことで驚きを与えた。彼はこの試合、戦い抜くだけのフィジカルを備えていなかった」とし、フィジカルの部分に課題を残していると指摘している。先発フル出場を果たしたとはいえ、まだまだアピールが必要となりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/10(水) 12:18

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。