ここから本文です

久保裕也、リオ五輪への思いを語る。日本の苦戦は…「ただ見ているだけは辛かった」

フットボールチャンネル 8/10(水) 11:02配信

 ヤングボーイズのU-23日本代表FW久保裕也が、地元紙『ベルナー・ツァイトゥング』でリオ五輪への思いを語った。

【リオ五輪】グループステージ順位表

 リオ五輪への本メンバーに名を連ねていた久保は大会に向けた準備を進めていたが、チームに負傷者が出てしまったことから呼び戻されてしまった。

 念願のリオ五輪出場が思わぬ形で叶わなくなってしまった久保は、「このプロジェクトは何年も続いていたことです。日本ではオリンピックは非常に大切な大会とされています。本当に、そこにいることができればよかったと思います」と、断念せざるを得なかったことへの無念を語った。

 思いを託したチームはナイジェリア戦で4-5の敗戦。続くコロンビア戦も2-2の引き分けに終わり、グループステージ突破に向けて厳しい状況に立たされている。

 久保はこの2試合をテレビ観戦していたようだが、「ただ見ているだけは辛かった」と悔しさを露わにした。

 チャンピオンズリーグ(CL)予備予選3回戦でウクライナの強豪シャフタール・ドネツクと対戦したヤングボーイズは、久保不在で挑んだアウェイでの1stレグを0-2で完敗。

 しかし、ホームでの2ndレグでは復帰した久保が2得点を挙げる大活躍を見せ、PK戦の末に勝利を収めてプレーオフまで駒を進めた。

「普段の僕はそうではない」と、ゴールへの喜びを大きく表すタイプの選手ではないと語る久保だが、その試合は「ヤングボーイズにとって素晴らしい夜になった。その日はとても感情的になってしまった。いろんなものがこみ上げてきた」と喜びを述べた。

 プレーオフでは、ヤングボーイズはドイツのボルシアMGとの対戦が決まっている。勝ち進めばCL本大会への出場権を獲得し、仮に敗退してもヨーロッパリーグへ出場することができる。

 リオ五輪では久保がプレーする姿を見ることができなくなってしまったが、今季はヨーロッパの舞台で活躍する姿を見ることができそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/10(水) 13:36

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ