ここから本文です

浦和・西川周作が作り出す独自のGK像。70m級アシスト。最後尾のゲームメイカー

フットボールチャンネル 8/10(水) 11:16配信

 浦和レッズの日本代表GK西川周作が、追い求める理想の守護神像へ一歩前進した。ホームの埼玉スタジアムに湘南ベルマーレを迎えた、6日のセカンドステージ第7節。開始8分に約70メートルの正確無比なロングパスを最前線へ通し、MF関根貴大の先制点をアシストした。レッズ移籍後で初めてマークしたアシストに込められた、11人目のフィールドプレーヤーに対する矜持をあらためてスポットライトを当てる。(取材・文:藤江直人)

【動画】何度みても美しい 中村俊輔の“魔法の左足” 世界4位に認定

最後尾から作り出した決定機

 埼玉スタジアムを揺るがす大歓声が途切れ、一瞬の静寂をへて、拍手と感嘆のため息へと変わっていく。美しい放物線にもたらされるドラマを、その場に居合わせた誰もが期待を込めて見つめている。

 左足から繰り出す正確無比なロングフィードで、最後尾から決定機を作り出す。サンフレッチェ広島から加入して3シーズン目。浦和レッズの守護神、西川周作はサポーターの変化を感じ取っている。

「(拍手とため息は)聞こえます。一気にチャンスになっていく、というところで、その変化は非常に気持ちいいですね」

 迎えた2016年8月6日。ホームに湘南ベルマーレを迎えたセカンドステージ第7節は、拍手とため息が再び大歓声へと変わった点で、西川にとって忘れられないアニバーサリーとなった。

 両チームともに無得点で迎えた前半8分。自陣から実に70メートルはあるロングパスを、走り込んできたMF関根貴大へ供給。思い描いた通りの展開からゴールをアシストしたのは西川だった。

 レッズ移籍後では初めて、サンフレッチェ時代を含めればDFファン・ソッコ(現鹿島アントラーズ)のゴールをお膳立てした、2013年7月10日の川崎フロンターレ戦以来となる“快感”に、トレードマークでもある笑顔を弾けさせた。

「あのときはソッコの上手さがあったので。今日が本当の意味で、理想としてきたゴールでした」

 ファン・ソッコは、西川が放った約60メートルのゴールキックを胸でトラップ。ドリブルでペナルティーエリア内へもちあがり、クロスと見せかけて右足を思い切り振り抜いてプロ初ゴールを決めていた。ゆえに西川自身も「あれはアシストになるのかな」と、記憶の糸を紐解きながら苦笑いを浮かべた。

 対照的に関根は相手ゴール前の“ここしかない”というポイントへ走り込み、ジャンプ一番、頭を合わせている。ホームにおける通算500試合目の公式戦を快勝で飾る口火を切ったゴールは、実はキックオフ前に西川によって答えが弾き出された、3つの計算に導かれていた。

1/5ページ

最終更新:8/10(水) 11:40

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ