ここから本文です

きのこ帝国の主題歌「愛のゆくえ」初披露 『湯を沸かすほどの熱い愛』予告映像公開へ

リアルサウンド 8/10(水) 14:00配信

 宮沢りえ主演最新作『湯を沸かすほどの熱い愛』より、きのこ帝国の主題歌が初披露される予告映像が公開された。

 本作は、自主制作映画『チチを撮りに』で脚光を浴びた中野量太監督の商業映画デビュー作。主演の宮沢りえをはじめ、オダギリジョー、杉咲花、松坂桃李らキャスト陣が、“死にゆく母と、残される家族の愛と絆”という普遍的なテーマを、笑いと感動の物語とともに映し出していく。

 このたび公開された予告映像には、余命2カ月と宣告されたが、絶望のどん底に落ちることなく、やり残したことをいくつも成し遂げようと力強く生きる幸野家の母、双葉(宮沢りえ)の姿が収められている。そのほか、家出した夫を演じるオダギリジョー、学校でいじめを受ける双葉の娘・安澄役を演じる杉咲花との掛け合いも確認することができる。また、本作の主題歌を担当するきのこ帝国の楽曲「愛のゆくえ」も初披露されており、杉咲花のナレーションとともに予告映像を盛り上げている。

リアルサウンド編集部

最終更新:8/10(水) 14:00

リアルサウンド

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。