ここから本文です

鹿島、スル銀杯でサンタフェに敗北。PK失敗で1点差に泣く

フットボールチャンネル 8/10(水) 21:35配信

【鹿島アントラーズ 0-1 サンタフェ スルガ銀行杯】

 スルガ銀行杯が10日に鹿島サッカースタジアムで行なわれ、鹿島アントラーズがコロンビアのサンタフェと対戦した。

【写真】平畠啓史さんが選ぶ、J1 1stステージベストイレブン。優勝の鹿島からは最多4人を選出!

 鹿島は日本代表の柴崎岳、金崎夢生らが先発で出場。しかし、前半はお互いに決めきれず0-0でハーフタイムを迎える。

 69分には金崎が強烈なシュートを放つも、ここは惜しくもゴール右に外れる。すると79分にサンタフェにゴールが生まれる。FKからのクロスにオソリオがヘディングを叩き込み、サンタフェが先制する。

 84分には中村がペナルティエリアで倒され鹿島がPKを獲得する。しかし、金崎のシュートはGKサパタに阻まれてしまう。その後サンタフェのゴルディージョが2枚目のイエローカードで退場となるも、そのまま1-0で試合は終了。鹿島はセットプレーからの1点に泣き敗北に終わっている。

【得点者】
79分 0-1 オソリオ

フットボールチャンネル

最終更新:8/10(水) 22:21

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。