ここから本文です

「これはとんでもないことになりそうだぜ!!」NHK教育番組のおにいさんにイラストレーター岸田メル起用で驚きの声多数!

ダ・ヴィンチニュース 8/10(水) 17:30配信

 文庫版『RDGレッドデータガール』シリーズや『神様のメモ帳』の小説挿絵やアニメのキャラクター原案を務めるほか、強烈で個性的なキャラクターで人気を集めるイラストレーター岸田メルが、NHKの教育番組「コノマチ☆リサーチ」で主人公の“お兄さん”を演じることが明らかになった。「コノマチ☆リサーチ」は、2016年8月12日(金)からNHK・Eテレで放送開始される。この知らせに「岸田メル先生が教育番組だと…!? これはとんでもないことになりそうだぜ!!」「メル先生だと!!! これは録画決定だな!!」「NHK、無双のごとく攻めるねぇ…(・∀・)イイネ!!」と驚きの声が寄せられている。

 岸田は、ゲーム「アトリエ」シリーズのキャラクターデザインや多数の小説の挿絵、またその小説がアニメ化された際には、アニメのキャラクター原案も務めるイラストレーターだ。繊細で美しいイラストで「アトリエシリーズでメル先生の絵を初めて見たときの衝撃はいまだに忘れません」「メル先生の描く女の子が本当にかわいくて大好きなの…」「『楽聖少女』や『神様のメモ帳』を読んだ家内が、『このイラストの人、きっと素敵な女性よね』と、コピペ通りの反応をするくらい岸田先生の絵は美しい」と多くのファンを魅了している。

 『神様のメモ帳』は高校生である主人公・藤島鳴海と雇い主の探偵・アリス、そして探偵のサポートをするニートたちが活躍し、多くの人にはどうでも良くて、でもほんの少しの人にはかけがえのない事件をめぐるちっぽけだけど暖かなミステリー作品。小説のイラスト、そして2011年のアニメ化の際にはキャラクター原案も岸田が担当しており、「主人公はやみんだし世界観落ち着いてるのにどこかファンタジーで! でも澄んで見えるの! メル先生が形にしたキャラクターがすごくイメージを沸き立たせてくれるの!!」「本当に繊細で可愛らしい少女と格好良い少年を描かれるなあ…って」「メル先生のデザインするキャラクターほんと大好き! 特に美少年がほんと美少年でっ!!」と高い評価を得ている。

 そんな岸田が今回出演するのは、NHK・Eテレの小学3年生向け社会科番組の試作映像として、放送に先駆けて公開されるパイロット版「コノマチ☆リサーチ」。主人公の“お兄さん”である売れないマンガ家・ハジメ役を演じる。舞台は、架空のまち民奈野市(みんなのし)。民奈野市に暮らす売れない漫画家・ハジメは買い物帰りに宇宙人ズビと出会い、“まち”がない星に暮らすズビと地球にある“まち”とは何か調べることとなる――。

 岸田演じるハジメは、ズビと一緒に“まち”中を調べていくことになる。この宇宙人ズビも岸田がデザイン。ズビの声は「無彩限のファントム・ワールド」などで知られる声優・久野美咲が務める。同作は、1984年から1992年にNHKで放送された教育番組「たんけんぼくのまち」の流れを組んだ番組で、とある都市の商店で店長を目指して修行のために配達員となったチョーさんが、愛用の自転車で仕事をしながら地域の仕組みを学習していく。学習していった結果を手書きのイラストでまとめており、そのイラストの出来栄えも番組の見どころのひとつ。放送は1992年に終了したにもかかわらず、「たんけんぼくのまちの歌が頭から離れなくなった 」「ブルックの声きくと毎回チョーさん思い出す~~」といまだに愛されている番組だ。

 その流れを組む「コノマチ☆リサーチ」の主人公を岸田が務めるということで「ちょwww 相方に久野美咲ちゃん連れてるだなんて、なんてニッチでヲタクホイホイな教育番組なんだ」「まとめイラストに期待やなwww」「チョーさんが良かったので大役ですな とりあえず観ます」とネットは大盛り上がり。イラストレーターになる前は、劇団に所属し俳優として活動を行っていた岸田だが、現在は自身のTwitter(@mellco)やラジオ、イベントなどで変顔やコスプレを披露していることでも有名。『艦隊これくしょん-艦これ-』に登場する艦娘・島風のへそ出し、ミニスカート、白ハイソックスのコスプレをしたり、仮面を付けて長剣を持った姿で「ロロナだと思ったか? 俺だよ!」とつぶやいたりと、その強烈な存在感とセンスでネット界隈で絶大な支持を誇っている。

 そんな岸田が、俳優として出演、しかもNHKの小学生向け教育番組、ということでファンたちは「大丈夫なの!? メル先生だよ!?」「NHKは一体何を考えているのでしょうか…」「相撲中継のデーモン閣下で安心したんなら、間違いだぞNHK!!! 閣下は外見だけが奇抜な、中身は常識的な悪魔なんだ。岸田先生は、その逆なんだぞ!!!」とNHKに不安を訴えている人も。

 しかし、「『Eテレはどうかしたのか!?』といった声があるようだが、もともとEテレはどうかしているよ」「録画しなきゃ、かてイカ様といい最近頭おかしいな」「NHK、無双のごとく攻めるねぇ…」という声もあるようで、ギラッギラのイカの衣装を来たカテイカ様が家庭科を教えてくれる「カテイカ」や、相撲好きでも知られる悪魔・デーモン閣下を相撲中継の解説に起用したりと新たな道を開こうとしているよう。

 多くのファンたちに楽しみにされつつも不安を抱かれるという複雑な心境にさせている岸田だが、本人は「コノマチ☆リサーチは死ぬほど真面目にやってるので、マニアはその空気感を楽しんでくださいね」とのことなので、Twitterやイベントの変態(褒め言葉)岸田メルを見慣れている人は、いつもはまず見ることのない死ぬほどまじめな岸田を観れる番組になるかもしれない。美しく繊細なイラストと変態(褒め言葉)の二面性で大人気の岸田メル先生。そんな彼が「コノマチ☆リサーチ」でどんな姿を見せてくれるのか、放送日を楽しみにしていよう!

最終更新:8/10(水) 17:30

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。