ここから本文です

世界で最も危険なWiFiスポットはリオ五輪 「ハッカーの祭典」状態に

Forbes JAPAN 8/10(水) 10:45配信

オリンピック開催中のリオデジャネイロの街は盛り上がりを見せる一方、厳重な警備体制が敷かれている。観戦者たちの個人情報を狙うハッキングも多発しており、リオはハッカーたちの祭典とでもいうべき状況だ。リオ五輪を観戦しに行く人は、生水を飲まないことと、WiFiを使わないことを心掛けてほしい。



複数のセキュリティ会社が五輪用に設置されたリオ市内のホットスポットを調査したところ、ハッカーたちは市内のいたるところに「偽ホットスポット」を設置し、簡単に個人情報を盗んでいる。

「偽ホットスポット」が乱立中

セキュリティ企業のSkycureは「偽ホットスポットは、ショッピングモールやホテル、空港などあらゆる場所に設置され、まるでジカ熱のように拡散している」と述べた。リオデジャネイロ国際空港でも数多くの偽ホットスポットが見つかり、SSLで暗号化された情報もハッキングされてしまうという。つまり、旅行者は飛行機を降りて機内モードの設定をオフにした瞬間からハッキングの脅威に晒されているのだ。

偽ホットスポットでWiFiを利用すると、ハッカーは銀行口座やパスワードなどあらゆる個人情報にアクセスすることができる。オリンピック特需に沸くのは建設業や観光産業ばかりでなく、ハッカーたちも大いに潤っているのだ。

さらに、危険なのは偽ホットスポットだけではない。カスペルスキーが正規のホットスポット4,500か所を調査したところ、18%が暗号化を採用しておらず、7%は暗号化が旧式のため簡単にハッキング可能だったという。

実はオリンピックでこのようなトラブルが生じたのは今回が初めてではない。2014年のソチ冬季五輪でもハッカーによる攻撃が多発し、大きな問題となった。リオ五輪では、ブラジル政府はシスコシステムズと提携して地下鉄でWiFiサービスの提供を開始したが、Skycureはこのネットワークですら安全ではないと指摘している。

WiFiの利用以外にも、ハッキングのリスクは潜んでいる。グーグルプレイストアなどにはマルウェアやアドウェアが混入したアプリが無数に存在している。ハッカーたちは巧みにアプリを偽装し、リオでは国別メダル数を確認するためのアプリなどからマルウェアに感染するケースも多発している。

ハッキングを避けるために重要なのは、市内のWiFiの利用を避けることだ。画像をインスタグラムやフェイスブックに今すぐ投稿したいという人は、自前のレンタルWiFiかVPNを利用することをお勧めする。

Curtis Silver

最終更新:8/10(水) 10:45

Forbes JAPAN

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Forbes JAPAN 2017年1月号

株式会社アトミックスメディア

2017年1月号
11月25日(金)発売

890円(税込)

Forbes ID 無料会員登録を受付中!
今ならもれなく電子版最新号をプレゼント