ここから本文です

【リオ五輪】「個で勝てなくても崩せる!」今、最も頼りになる男・大島を中心に試合を動かせ!

SOCCER DIGEST Web 8/10(水) 12:27配信

「僕個人(が牽引する)というよりは、みんなでやれているんじゃないかなと」

「不動のキャプテン」(=遠藤航)、「攻撃の基準点」(=興梠慎三)、「ゴールゲッター」(=浅野拓磨)など、手倉森ジャパンは何人かのキーマンが重要な役割を担っている。大島僚太もそのひとりと言えるだろう。今大会の彼は、まさに攻撃を牽引する「ゲームメーカー」の働きを見せている。
 
 ナイジェリア戦で3得点に絡む活躍を見せると、続くコロンビア戦では途中出場から浅野のゴールを呼び込む起点となり、チームを活気づけた。なかでも、南野拓実とのコンビネーションは実に流麗だ。「特に何も話していない」(大島)にもかかわらず、受け手の欲しい場所、欲しいタイミング、そして次の展開まで見越したパスを出せてしまうのだから、やはりそのポテンシャルの高さは計り知れない。
 
 本人に「自分が攻撃を牽引している手応えはあるか?」と問うと、「いや、僕個人(が牽引する)というよりは、みんなでやれているんじゃないかなと」と素っ気ない。対戦するスウェーデンについても「大きいんじゃないかなという印象だけですね(苦笑)」(練習後にミーティーングを実施予定)と軽快にかわすが、長身の選手に対する攻略法は、身長168センチの大島にとってはもはや得意分野である。
 
「良い距離感でやれれば、個で勝らなくても崩せたりするなという感覚はこの2試合で掴めた。コロンビア戦は、(ボールを)受ければ食いついてきたので、裏のスペースが空いているところを誰かがサポートできれば、と積極的に受けようとしました」
 
「スウェーデン戦で言えば、まずはお互いの距離感と、スペースがどこにあるかを見極めることに意識を集中させる。とは言っても、ずっとそういう時間が続くわけではないので、耐える時間も必要になってくる。みんなで心をひとつにして戦えればいいなと思います」
 
 風邪で直前キャンプを3日間休み、出遅れ必至と目されていたのも今となっては嘘のよう。浅野と並んで今、最も頼りになる選手のひとりと言っていい。
 
「大島を中心に試合を動かす」
 
 スウェーデン戦でそんな展開を作れたら、日本のグループリーグ突破も見えてくるだろう。
 
取材・文:小田智史(サッカーダイジェスト特派)

【リオ五輪PHOTO】リラックスした表情のスウェーデン戦前日練習。@サルバードール

最終更新:8/11(木) 4:39

SOCCER DIGEST Web