ここから本文です

【リオ五輪】女子サッカーでアジア代表2チームが8強! 4強入り懸け豪州は開催国ブラジルと

SOCCER DIGEST Web 8/10(水) 17:36配信

中国は準々決勝で強豪ドイツと対戦。

 リオ五輪は現地8月9日、女子サッカーのグループリーグ最終戦が行なわれ、アジア代表のオーストラリアと中国がいずれも現地8月12日(日本時間同13日)に行なわれる準々決勝に進出した。
 
 グループFのオーストラリアは最終戦で、アフリカ代表のジンバブエと対戦。力の差を見せつけ、6-1の大差で勝利した。この結果、オーストラリアはグループ3位となり、3位チーム内の成績トップでグループリーグを突破(3位の成績上位2チームが決勝トーナメントに進出)。準々決勝では、グループEを首位通過した開催国のブラジルと対戦する。
 
 また、アジア予選を2位で突破したグループEの中国は、スウェーデンとのグループ最終戦をスコアレスドローとし、2位通過を決めた。中国は、準々決勝でグループFを2位通過した強豪のドイツと対戦する。
 
 また、五輪4連覇、6回目の優勝を目指すアメリカはスウェーデンと対戦。前回銅メダルのカナダは、前回の3位決定戦で下したフランスの挑戦を受ける。
 

【PHOTO】スター選手の“綺麗すぎる”妻&恋人たち

最終更新:8/10(水) 17:36

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。