ここから本文です

閑散相場にも負けない!  残暑でも上昇期待の3銘柄! 

会社四季報オンライン 8/10(水) 21:31配信

 8月以降の相場は、下落しやすいと言われています。8月の相場は「お盆の閑散相場」と呼ばれることも多く、9月の相場も下落しやすいと言われています。

 そう考えると、今から「新しく株を買おう!」という気分にはなれないかもしれません。

■ 8月下旬に株を買い、9月末まで保有するとどうなる? 

 では、8月後半から相場は、本当に「下落しやすい」のでしょうか? 

 過去の統計データを調べてみると、この言葉の重みが理解できるでしょう。 早速、検証をしてみましょう。今回は、東証1部、東証2部、マザーズ、ジャスダックに上場する全銘柄を対象に、8月後半から9月末までの過去の動向を分析してみることとしました。

 8月下旬から9月末における個別銘柄の動向分析
====================
(分析対象)
・東証1部、東証2部、ジャスダック、マザーズに上場する全銘柄

 (株を買うタイミング)
・8月15日以降、最初の寄り付きで株を購入する

 (株を売るタイミング)
・10月最初の営業日の寄り付きで株を売却する
====================

 以上が、8月下旬以降の個別銘柄の動向を調べた方法です。上述の投資法について、2000年1月初めから15年末までの株価データを使って、詳しく調べてみることにしました。

 検証結果:8月下旬から9月末における個別銘柄の動向
====================
検証期間:00年1月1日から15年12月31日まで
総サンプル数:56032回
勝率:41.58%
平均損益率:-1.75%
====================

 検証結果を確認すると、8月下旬に株を買って、9月末まで株を保有すると、勝率が50%を下回り、平均損益率は約-2%となりました。この結果を確認すると、8月下旬から9月末にかけては、個別株が下がりやすいと言えるでしょう。

1/3ページ

最終更新:8/12(金) 16:26

会社四季報オンライン

会社四季報オンラインの前後の記事

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。