ここから本文です

失業と競争のプレッシャー、情け容赦ないフランスの現実 - 大場正明 映画の境界線

ニューズウィーク日本版 8/10(水) 17:40配信

<リストラで1年半も失業中の中年男。やっとの思いでスーパーマーケットの監視員の仕事を手に入れるが、彼はその新たな職場で過酷な現実を目の当たりにする。フランスで観客の共感を呼び大ヒットとなった社会派ドラマ>

フランスで観客動員100万人の大ヒット社会派ドラマ

 社会の片隅に生きる人間を見つめるフランス人監督ステファヌ・ブリゼの『ティエリー・トグルドーの憂鬱』では、失業によって悪戦苦闘を強いられる男の姿が描き出される。主人公のティエリー・トグルドーは1年半も失業中の中年男だ。職業訓練を受けても就職できなかった彼は、やっとの思いでスーパーマーケットの監視員の仕事を手に入れる。ところが、これで家族を養いローンも返済できると思ったのも束の間、彼はその新たな職場で過酷な現実を目の当たりにすることになる。

 この映画はシリアスな題材を扱っているにもかかわらず、フランス本国で100万人を動員する大ヒットになったという。フランスでは失業率が10%に近く、深刻な社会問題になっている。この映画で主人公を演じたヴァンサン・ランドンは、カンヌ国際映画祭で主演男優賞に輝いた。ブリゼ監督は、実際に役柄と同じ職場で働くアマチュアの人々をキャストに起用し、リアリティを生み出している。

 しかし、注目を集めた要因はそれだけではないだろう。この映画には社会学的な視点が巧妙に埋め込まれ、小さな物語から大きなヴィジョンが浮かび上がってくる。その視点は、フランスの社会学者ロベール・カステルの『社会喪失の時代――プレカリテの社会学』のそれに近い。脚本を手がけたブリゼとオリヴィエ・ゴルスは本書からヒントを得たのかもしれない。

競争やプレッシャーのなかで労働者たちの内面が変化していく

 カステルは本書のなかで、社会の「中心からもっとも離れたようにみえる立場が、しばしばもっとも雄弁に社会の内的な力学について語る」と書いているが、この映画はまさに周縁に追いやられた主人公を通して社会の内的な力学を描き出そうとしている。

 もちろん共通点はそれだけではない。カステルは集団としての労働者が個人化されていく過程を掘り下げている。賃労働をめぐる近年の変化は、大量失業や労働条件の不安定化だけでは表せない。もっと深いところで変化が起こっている。

「賃労働者は、ますます競争が激しくなる労働市場において、機敏であり、かつ適応能力や柔軟性を備えていなければならないという、強いプレッシャーのもとに置かれている」

 そんな競争やプレッシャーのなかで、労働者たちの同質性が破壊され、脱集団化を引き起こし、個人化が進行していく。そして労働者は失業に怯えながら、違いを強調するように促されていく。

 この映画の前半で印象に残るのは、主人公と元同僚たちの関係だ。元同僚たちは、勤めていた会社に対して不当解雇の訴えを起こすために話し合いを重ねている。主人公もその集団の一員だったが、仲間に身を引くことを告げる。その決断は冒頭のエピソードと無関係ではない。彼は失業中にクレーン操縦士の研修を受け資格を取得したが、現場の経験がないという理由で不採用になった。そこでハローワークで苦情を申し立てるが、職員は取り合わない。



 では、集団を離脱した彼にはどんな現実が待ち受けているのか。スカイプを使った面接では自己PRが足りないと指摘される。自分の模擬面接の映像を見せて、他者の意見を聞くグループコーチングに参加すれば、人格そのものを否定されているのではないかと思いたくなる厳しい意見を次々に浴びせられる。そして、そんな経験を経てスーパーの監視員の職を得ても、万引きする客ばかりか、同僚まで含めた弱者の痛々しい姿を直視しなければならない。彼は個人化に侵された世界で身動きがとれなくなっていく。

集団から離脱したあとの沈黙に込められた意味

 しかし、この映画で最も重要なのは、おそらく主人公の感情の表現だろう。彼は冒頭のハローワークの場面では、感情を露にして抗議するが、集団から離脱したあとは、感情を押し殺し、沈黙を守りつづける。彼が変化するのは経済的に追いつめられているからだが、その沈黙には別な意味が込められているように思える。ちなみに彼は、元同僚たちに身を引くことを伝えたとき、「失業したことで心が裂けちまった」とも語っている。

 社会的な要素と心理的な要素を結びつけるカステルは、労働市場の現状について、「すべての者を労働へと駆り立てるための、脅迫とは言わないまでも、常軌を逸した圧力がある」ことを問題視している。非雇用が改善されないままに、労働がいたずらに称揚されたら、失業者や失業に怯えながら働く人間にどんな心理的影響を及ぼすのか。

「個人の置かれた状況は、自分に責任のない社会的および経済的な力学から派生しているのに、その責任を個人に押しつけて罪を負わせるということになりかねない」

 この映画の主人公の表情や沈黙は、そんなカステルの言葉を想起させる。しかし、圧力によって呪縛された主人公は、最後にある出来事をきっかけに己の感情に目覚め、人間性を取り戻すことになる。

《参照/引用文献》
『社会喪失の時代――プレカリテの社会学』ロベール・カステル 北垣徹訳(明石書店、2015年)



○『ティエリー・トグルドーの憂鬱』
監督:ステファヌ・ブリゼ
公開:8月27日(土)、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかロードショー
(C)2015 NORD-OUEST FILMS - ARTE FRANCE CINEMA

大場正明

最終更新:8/10(水) 17:40

ニューズウィーク日本版

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ニューズウィーク日本版

株式会社CCCメディアハウス

2016-12・ 6号
11/29発売

460円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。