ここから本文です

代々木駅から1分!都心の最上階にリゾート感あるビアガーデンが誕生!

東京カレンダー 8/10(水) 5:20配信

この時期毎日でも通いたいのが、心地よい風を感じながらキリッと冷えたビールで乾杯できるテラス席。ちょっとしたリゾート気分を味わえる雰囲気とあらば、なおさらうれしいもの。

【この記事の全ての写真】

さらに駅チカという好条件まで揃った穴場を、代々木に発見! 次の飲み会の予定はこちらに決まり!?

都心の特等席で味わえる、冷えたビール&トロトロのスペアリブの最強コンビ

さあ、夏本番。テラス好きにとって、暑さは最高のスパイス。日中のうだる熱気が和らぎ始めた夕方には、一日を締める冷たいビールを欲してウズウズ…そんな日々を送る人も少なくないはずだ。

そんな欲求を叶えてくれるおすすめのテラス席が、代々木にある。なんと、駅徒歩1分の好立地。店から新宿までも、歩いて5分ほどという穴場的な場所だ。

しかも、緑に囲まれたオシャレなカウンター席は、南国のリゾートホテルのバーのような雰囲気。電車を降りてすぐ、こんな非日常空間に飛び込めるとは!

冷たいビールとともに楽しめるのは、店のウリでもある鹿児島県産食材を使った料理の数々。おすすめは、まるでステーキのようなビッグサイズで登場する、柔らか~い「黒豚スペアリブ」だ。

ツヤツヤの照り具合を見るに、ビールとの相性は一目瞭然。雰囲気、駅チカ、美味しい料理…好条件がこんなに揃うテラス席なんて、東京広しといえどなかなかない。

鹿児島郷土料理の店に、緑に囲まれたリゾート感満載のテラス席が

このテラスがあるのが「本家かのや」。勘のいい人なら分かるかもしれないが、“かのや”とは鹿児島県鹿屋市のこと。

10年前に鹿屋市のバックアップでスタートした店とあって、提供されるのは鹿児島県の産直食材をふんだんに使った郷土料理だ。

店内はカジュアルな居酒屋といった雰囲気。焼酎の瓶がずらりと並び、明るいスタッフが元気よく迎えてくれる。店の外には、屋根付きのテラス席も。こちらは、ビアガーデンのようなにぎやかさ。

そのテラス席の中でも、目指すカウンター席はさらに奥にある。店のメインエリアとはうって変わって、クールなデザインのカウンター&スツール。

ビルの合間にいながらリゾートのような空気感が漂う、都会のエアポケットだ。周囲を囲んだ緑が、周りの喧騒をちょうどいいBGMにしてくれる。

1/3ページ

最終更新:8/10(水) 5:20

東京カレンダー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京カレンダー

Tokyo Calendar.Inc

2017年1月号
11月21日発売

定価800円(税込み)

RESTAURANT OF THE YEAR 2016
年末飲まずにいつ飲むの? 泡酒Award 2016

なぜ今? 首相主導の働き方改革