ここから本文です

女性の肌見せファッション 職場ではどこまで許されるのか

NEWS ポストセブン 8/11(木) 7:00配信

 猛暑続きの夏、ビジネスファッションもできるだけ薄着にしたいと考える人は多いだろう。男性であれば長袖、または半袖のワイシャツにノーネクタイというスタイルがクールビズの定番となったが、女性はどこまでの軽装が許容範囲なのか、いまいち分からない。企業で明確なドレスコードを持っていない場合はなおさらだろう。

 そこで、社会保険労務士の稲毛由佳さんに、夏の女性のビジネスファッションはどこまで許されるのか、解説してもらった。

 * * *
 シースルーやノースリーブのブラウス、ミニスカートやホットパンツ、ミュール……。暑くなると女性の“肌見せ”ファッションが増えてきます。

 職場であまりにも露出度の高い女性がいると、男性は「どこまで注意してよいかわからない」と思いますし、一方の女性も「どこまで許されるかわからない」と、女性のビジネスファッションは迷走しがちです。

 基本的に職場は仕事を安全かつスムーズに進める場所ですから、業務の円滑な遂行や職場の秩序維持のため、ファッションに一定の制限をつけることは可能です。

 ビジネスファッションは機能的であること、そして、顧客や一緒に働く人に安心感を与えることが大事なポイントになります。職場にふさわしいドレスコードは職場環境づくりのひとつといってもいいでしょう。

 女性の肌見せファッションに対して、「涼しそう」、「華やかでいい」と好感を抱く人もいれば、「目のやり場に困る」、「だらしない」と不快に思う人もいて、職場の意見が分かれてしまうことはよくあります。

 しかし、ビジネスファッションで優先されるべき意見は、不快に思う人の意見です。プライベートな時間と違い、職場では、「好みや考え方があわない人とは付き合わない」は許されません。仕事に支障をきたすからです。

 オフィスでの男性のドレスコードに置き換えると、職場にふさわしい女性のファッションがより判断しやすくなります。

1/2ページ

最終更新:8/11(木) 7:00

NEWS ポストセブン

NEWS ポストセブンの前後の記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。