ここから本文です

バナナマン日村、100キロ間近でダイエット決意 『ペット』、日本公開初日に続編公開決定

エンタメOVO 8/11(木) 17:36配信

 映画『ペット』初日舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、日本語吹き替え版キャストを務めたバナナマンと佐藤栞里、この映画の取“柴”役宣伝隊長としてPR活動を行ってきた柴犬のまるちゃんが出席した。

 この作品は、飼い主がいないとき、ペットたちはいったいどんなことをしているのかという裏側の日常を描くアドベンチャー。主人公の犬・マックス役の設楽統、デューク役の日村勇紀と2匹の飼い主・ケイティの声を務めた佐藤が浴衣姿であいさつした。

 この夏挑戦したいことについて、日村は「もともと太っていたけど、すごく食べたこの一カ月くらいでまたすごく太った。何か入っているみたい」と横を向いて飛び出た腹部をさすった。さらに「いわゆる100キロの大台が見えてきて、テレビに出ている自分を見ても気持ち悪いなと思ってきたのでダイエットしてみようかな」と漏らした。

 設楽は「太ってないよ、アメリカに行ったらガリガリだから大丈夫。着物も似合うし」とフォローしたが、「日村さんがやるというなら頑張ってほしい」とエールを送った。佐藤は「うわさに聞くところによると『ペット』は国内では350カ所くらいのシアターで公開されているみたいなので、目指せ350くらいの勢いで各地をまわってはしごして作品を見たいです」と意気込んだ。

 また、ヒット祈願として3人が巨大なスイカオブジェを割ると中から「続編決定」のお知らせが登場した。「え、続編決定?」「早くない?」と驚く面々に、世界的ヒットを受けて2018年7月13日に続編の全米公開決定が知らされ、設楽は「またわれわれに頼んでくれるんですかね? ぜひお願いしたい」、日村も「びっくりした。でも犬はいっぱいいるからね。出たい出たい」と猛アピールしていた。

最終更新:8/11(木) 17:36

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。