ここから本文です

松田翔太、浜野謙太に「いい加減にしろよ」 緊迫シーンで○○○

エンタメOVO 8/11(木) 19:33配信

 映画『ディアスポリス-DIRTY YELLOW BOYS-』の完成披露試写会が11日、東京都内で行われ、出演者の松田翔太、浜野謙太、柳沢慎吾、須賀健太、康芳夫、熊切和嘉監督ほかが登壇した。

 この作品は、人気コミックを実写化したドラマ「ディアスポリス 異邦警察」の劇場版。密入国者たちの“裏トーキョー”を取り締まる、“異邦警察”こと久保塚早紀(松田)の奮闘を描く。

 大歓声で迎えられた主演の松田は「こういう作品を作れて心からうれしく思います」と感無量の面持ちで、「思いがたくさん詰まった映画なので、たくさんの方に伝えていただけたら」と観客にアピールした。

 この日は、映画のタイトルにちなんで、キャスト全員がファッションのワンポイントに“黄色”を取り入れての登場となった。この話題に、全身ブラックスーツ姿の松田は「マジで?」と一人“驚き顔”。しかし次の瞬間「ここにあるんだよ」と片足を上げて黄色の靴下をアピール。そのおちゃめな姿に会場からは女性ファンの「キャー!」という悲鳴が上がった。

 一方、印象に残った撮影エピソードを尋ねられた松田は、バディーを組む浜野とともに、横転した車中に閉じ込められる壮絶なシーンを挙げ、「この映画のラストカット。監督がデカい声で『本番~!』って言って、空気もピシッとなって。なのに、スタートが入った瞬間、おならしました。あの密閉された車の中で…」との浜野の失態を暴露。

 松田は「ごめん、バラしちゃって」と言いながら「あんな緊迫してて、よくあんなおなら出るよね」と呆れ顔。さらに「ちっちゃい声で『ヘヘへ』みたいな…。いい加減にしろよと思って」とクレームを入れる松田に、浜野は「違うんだよ。一緒にいるとさ、リラックスするんだよ。安心して全てを委ねたの。そしたらおならが出たんだよ」と必死に釈明して、会場の笑いを誘った。

 映画は9月3日から公開。

最終更新:8/11(木) 19:55

エンタメOVO

記事提供社からのご案内(外部サイト)

エンタメOVO

(株)共同通信社

エンタメ界で活躍する旬のスターが続々登場。
読み応えのある記事&すてきな写真が満載!
今の時代にぴったりのエンタメサイト!

なぜ今? 首相主導の働き方改革