ここから本文です

迷わず指名したい!お値打ちで絶品な京ランチ12選

東京ウォーカー 8/11(木) 7:00配信

京都に観光で訪れたなら、時間に限りがあるので、ランチは迷わず選びたいもの。特に河原町などの京都の中心街には、数多くの店が点在しているので、なおさら。それも、せっかく京都まで来たのだから、京都らしいランチを楽しみたい。そんな欲張りな人に、見た目も美しい手巻き寿司、祇園の中心にあるイタリアン、京野菜を使ったお得コース、有名割烹直伝のそばなど、迷わず指名したくなる、お値打ちな京ランチをご紹介!

【写真を見る】天井の梁を生かした2階席/AWOMB

■ アートな手織り寿し「AWOMB」

北白川で京野菜を中心とした、押し寿司を提供してきた和食ダイニング「AWOMB(アウーム)」が、10年の節目で次の展開を目指し、四条烏丸の町家に移転。界隈の呉服問屋をヒントに、織物や碁盤の目をイメージした独自の“手織り寿し”を作り出し、さらに京都らしさをアピール。特にランチは行列覚悟だが、その価値ありの看板メニューだ。

京野菜を中心とした季節のおばんざいや魚、薬味を取りそろえた「手織り寿し」(並1680円)は、日替りで具材が並ぶので、いつ行っても違った味わいや楽しみ方ができる。ノリは、佐賀の有明海産を使用し、京都の白味噌で仕上げた汁物がセットに。先ずは巻きすで好みの具材を巻いて、ノリがなくなれば酢飯の上にトッピングして、ちらし寿司風に食べることもできる。数量限定で、早い時はオープン30分前に売り切れることもあるので注意を!

■AWOMB/住所:京都市中京区姥柳町189/電話:075-204-5543/時間:12:00~15:00(LO)、18:00~20:00(LO)/休み:不定休

■ 祇園で味わう京的イタリアン「RIGOLETTO SMOKE GRILL&BAR」

祗園にある「RIGOLETTO SMOKE GRILL&BAR」の小さな格子戸を開ければ、そこには高級感漂う華やかな空間が広がる。料理は薫製を中心に京野菜を使った前菜、ナポリ製石窯で焼くピッツァなど、目にもおいしい逸品ぞろいだ。

「ランチコース」(2000円※2人より注文可)は、スープ、前菜6種、ナポリピッツァ(2人で1枚)、パスタまたは肉か魚、そしてデザートとドリンクも付いた充実した内容。自慢のスモーク料理は前菜で提供され、具材は季節により異なり旬の味を楽しむことができる。

さらに、黒大根や金時ニンジンなどの京都産野菜を使用した「こだわり新鮮野菜のバーニャカウダ」(1404円)など、多彩なアラカルトはランチでも注文できるので、合わせてチェックしてみよう!

■RIGOLETTO SMOKE GRILL&BAR/住所:京都市東山区祇園町南側570-192/電話:075-532-0112/時間:11:30~翌2:00/休み:なし

■ 有名割烹の味を伝承「蕎麦 ろうじな」

京都の有名割烹、なかじんで4年間の修業を経て、独立後に京都御所近くに店をかまえた「蕎麦 ろうじな」。自慢のそばには店内で石うすびきした自家製粉を使用し、極細ながら程よくコシがあり、そばの香りがふんわりと香る。カツオの濃厚なツユとも相性バツグンだ。

「お昼のおきまり」(1300円)は、十割のもりそばに、ショウガの炊き込みご飯、ダシ巻き卵、おひたしなどが付くお昼のセット。もりそばは最初に少し塩を振って、十割そばならではの風味や香りを楽しんでみよう! 

■蕎麦 ろうじな/住所:京都市中京区夷川通寺町西入ル北側丸屋町691/電話:075-286-9242/時間:11:30~14:30(LO14:00)、18:00~20:30(LO20:00)/休み:月曜

■ 絶品釜飯の日替り御膳「あなご料理 大金」

四条にあるアナゴ料理がメインの和食店「あなご料理 大金」。有名寿司店や料亭などで修業した店主が、生けすから揚げた鮮魚を調理してくれる。季節によって内容が変わる「日替わり御膳」(1500円)は、旬の魚料理に、茶わん約2膳分のアナゴの釜飯、小鉢、味噌汁、漬物、デザートにドリンクまで付いた、贅沢なメニュー。新鮮なアナゴを使った釜飯はランチで登場し、柔らかくうま味たっぷりなアナゴは絶品だ。

■あなご料理 大金/住所:京都市下京区高辻西洞院町801-5/電話:075-778-1688/時間:11:30~14:00、18:00~23:00/休み:日曜

■ 酵素でデトックス「こうそカフェ85」

丸太町の「こうそカフェ85」では、酵素栄養学認定講師監修のもと、無農薬野菜や果物、大豆を使った酵素料理を楽しめる。生野菜や果物、発酵食品に多く含まれる酵素は、美容やダイエットにも効果的だ。

「酵素ランチ」(1000円)は、食材を発酵させて炊き上げる酵素玄米に酵素納豆、酵素キムチ、小鉢、サラダ、ぬか漬けに汁物が付くヘルシーなランチ。食べ物の底力を感じる料理で、体の中から美しくなろう!

■こうそカフェ85/住所:京都市中京区釜座丸太町下ル桝屋町164-1/電話:075-756-4071/時間:8:00~21:00※19:00~要予約、土日8:00~17:00、日曜11:30~17:00/休み:月曜

■ 本格寿司をリーズナブルに!「二条 葵月」

寿司店に生まれ和食ひと筋24年という「二条 葵月」の店主が提供するのは、手間をかけて素材のうま味を最大限に引き出す和食の数々。「鮨ランチコース」(1620円)は、お任せ寿司6貫をメインに先付、本日の一品、赤だしが付いたコース。ひと手間かけた丁寧な仕事が味にも生きている。本物の味を気軽な価格で楽しもう!

■二条 葵月/住所:京都市中京区二条通柳馬場東入ル晴明町659/電話:075-708-2202/時間:12:00~14:30(LO14:00)、17:00~22:00(LO21:30)/休み:日曜

■ 上質な京料理をモダン空間で!「居様」

四条駅近くの「居様」では、日本料理の巨匠・神田川俊郎氏監修で、医食同源の考えをもとにした薬膳や、京の食材を存分に使った料理が堪能できる。また、空間、インテリア、ロゴにいたるまで洗練されたデザインを施した美空間が見事だ。ランチメニューの「九種のおばんざい御膳」(1800円)では、京都の老舗豆腐店・平野豆腐の豆腐あんかけなど、9種のおばんざいが楽しめる。上質な京料理を、酔いしれるほどの美空間で満喫しよう。

■居様/住所:京都市中京区新町通六角下ル六角町361 三井ガーデンホテル京都新町別邸1F/電話:075-251-2500/時間:6:30~10:00、11:30~14:00(LO各30分前)、17:30~22:00(LOフード21:00、ドリンク21:30)/休み:なし

■ コスパ抜群のすき焼き「佰食屋 すき焼き専科」

行列のできる西院のステーキ丼専門店の新展開「佰食屋 すき焼き専科」は、すき焼きがメイン。14種類もの素材を組み合わせた特製の割り下が、上質な国産牛のうま味をさらに引き立てる。1日100食限定なので早い者勝ちだ!「国産牛すき焼き定食」(1080円)は、すでにリピーター続出の看板メニュー。1人鍋スタイルのすき焼きは、国産牛130gに野菜もたっぷり入ってボリューム満点!

■佰食屋 すき焼き専科/住所:京都市下京区西木屋町通四条下ル船頭町187/電話:075-361-2900 時間:11:00~15:30(LO15:00)、17:30~20:30(LO20:00)※100食売切れ次第終了/休み:木曜

■ 野菜たっぷりのおばんざい「京菜味のむら」

野菜を中心とする日替りのおばんざいを気軽に味わえるレストラン「京菜味のむら」。ショーケースから好きなおばんざいを選び、朝食やランチセットにできる。管理栄養士のスタッフによる体に優しい献立も魅力だ。

「基本のセット」(800円)は、12~15種類から選べる6種類のおばんざい小鉢に味噌汁、白米または雑穀米が付く。少しずついろいろな種類の野菜が食べられるのが嬉しい。その日の気分に合わせて好きなものをチョイスしよう!

■京菜味のむら/住所:京都市中京区蛸薬師通烏丸西入ル橋弁慶町224 SOHO烏丸1F/電話:075-257-7647/時間:7:00~14:00(LO)/休み:日曜

■ 祇園の名フレンチのお手頃ランチ「六角UWOTA」

祇園の人気フレンチ・祇園うを多が手がける、三条の町家カフェ「六角UWOTA」。ハンバーグ丼などの気軽なランチやサンドイッチの他、市場から直送される新鮮なフルーツを使ったスイーツなどメニューが豊富にそろう。

ランチ限定の「煮込みハンバーグ」(1000円)は、自家製デミグラスソースと共にじっくり煮込み、さらにオーブンで焼き上げて作る。おやつには、季節のフルーツがぎっしり詰まった「フルーツパフェ」(900円)がおすすめ!

■六角UWOTA/住所:京都市中京区柳馬場三条下ル槌屋町95-1/電話:075-256-9055/時間:11:00~20:00(LO19:30)、ランチ~15:00/休み:不定休

■ 祇園四条の一軒家レストラン「豆萬味 祇園」

ミシュランガイド京都版に6年連続掲載された、柚子屋旅館の総料理長が手がける祇園四条の一軒家レストラン「豆萬味 祇園」が、1階にオープンキッチンを設けるなどしてリニューアル。料理長が自ら産地に赴いて厳選した食材を、目の前で調理して提供される。

国産牛モモ肉を120g使用した「牛カツ丼」(1944円)は、レアな肉をサクサクの衣と甘口ソースが引き立てる。祗園の雰囲気を楽しみながら、贅沢な牛カツをお値打ちランチで気軽に楽しもう!

■豆萬味 祇園/住所:京都市東山区祇園町南側570-127/電話:075-532-1188/時間:11:30~14:00(LO)、18:00~22:00(LO)/休み:年末年始

■ 京都産の素材のサンドイッチ「Dai's Deli & Sandwiches 六角店」

京都・大原や美山の新鮮な野菜を使ったサンドイッチとデリの専門店による姉妹店「Dai's Deli & Sandwiches 六角店」。1号店よりボリュームアップしたサンドイッチや多彩なデリメニューが並び、テイクアウトとイートインが共に可能となっている。

「野菜のオムレツとチーズのサンドイッチ」(432円)など、8~10種類のサンドイッチがそろう。京都の素材をボリュームたっぷりなサンドイッチで味わおう!

■Dai's Deli & Sandwiches 六角店/住所:京都市中京区柳馬場通六角上ル槌屋町95-1/電話:075-223-3851/時間:11:00~20:00/休み:なし

【関西ウォーカー編集部】

最終更新:9/1(木) 12:40

東京ウォーカー

記事提供社からのご案内(外部サイト)

東京ウォーカー

株式会社KADOKAWA

12月・1月合併号
11月20日

特別定価(税込):600円

2016新店から選りすぐり!
本当に安くて旨い店
BEST100
東京Xmas最新ナビ2016

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。