ここから本文です

金メダリストへの「スッキリポーズ」要請は場違いではないか

NEWS ポストセブン 8/11(木) 16:00配信

 おめでたい状況だから何を要求しても許される、というわけではあるまい。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、五輪中継で気になった点を指摘する。

 * * *
 8月9日早朝、柔道男子73キロ級の大野将平選手がオルジョイ選手(アゼルバイジャン)に勝利。美しい一本勝ちで金メダル獲得。日本中が沸きました。 決勝戦に勝った大野選手はしかしその瞬間、バンザイのポーズも、喜びの感情もむき出しにしなかった。

 静かに自制。まずは礼。試合場から降りて、やっと笑顔がこぼれた。柔道の「美しさ」を、大野選手の「静けさ」がそのまま表現していたように感じました。

 ガッツポーズをするのは、自分のことしか考えていない、ということ。

「相手がいる対人競技なので、相手を敬おうと思っていました。冷静に綺麗な礼もできたのではないかと思います。日本の心を見せられる場でもあるので、よく気持ちを抑えられたと思います」と大野選手は試合後のインタビューに答えています。

 柔道の祖である嘉納治五郎は、「相手に勝つだけでは何の価値も無い」「力が第一義ではない」と教えてきたといいます。「道」という一字の中に、「生き方を学ぶ」という深い意味が込められている、と柔道家・山口香さんに聞いたことを思い出しました。

 そうした本物の「柔道」の実践者となるべく心と頭を鍛え、鮮やかで気持ちのよい一本勝ちにこだわり、「強さと美しさ」を考えつつ日々、厳しい練習を重ね自らを磨き上げてきた、礼節のトップアスリート。

 その大野選手が金メダルを獲得してわずか数時間後。日本のテレビが、ご本人にある要求をしたのです。

「スッキリポーズをお願いします」

 日本テレビ朝の情報バラエティ番組『スッキリ!!』に、リオのスタジオから大野選手が出演した際。いきなり、腕を前に突き出すような番組特有のポーズを、なんとレジェンドにやらせたのです。一緒に出演した銅メダルの松本薫選手にも。しかも、一度ならず二度まで。コーナーの最初と最後に! びっくり。

1/2ページ

最終更新:8/12(金) 9:26

NEWS ポストセブン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。