ここから本文です

中村静香がほろ酔いで生配信 胸が見えるハプニングに「どこ見てるの!」

Smartザテレビジョン 8/11(木) 10:00配信

8月9日(火)に配信されたLINE LIVEの「朗読ソフレ」にグラビアアイドルの中村静香が登場。アイドルやタレントが添い寝感覚で小説を朗読してくれる同番組の第15回に登場した中村は、谷崎潤一郎の『細雪』を読むはずが、途中から朗読そっちのけで読者と飲みながらコメント交流を開始した。

【写真を見る】3杯目でベッドにゴロン!視聴者と添い寝しているような距離感に!

ビールを飲みながら、88センチのFカップを画面いっぱいに映し、冒頭から視聴者を誘惑した中村は、「なんか、照れますね」「乾杯したいね」と、あっという間に視聴者との距離を縮める。視聴者からの「チラっと見える胸がセクシー」というコメントに「こら、どこ見てるの(笑)」といじわるっぽく微笑んだあと、ようやく谷崎潤一郎の『細雪』を朗読し始めた。ビールを飲みすすめ、ほろ酔いになったのか、朗読はたった3ページで中断。2杯目の梅酒をグラスに注ぎながら、「のんべえは手酌がいちばん。のんべえは気を使われるのがダメなんですよ」とコメントし、早くも、のんべえの顔をのぞかせた。

「この夏、女子と飲みたいなぁと思ってる男性の皆さんは、この美味しい『ルージュエクラ』という梅酒で、女性を酔わせてあげてください」とにっこりアドバイスしたり、「『朗読ソフレ』って近い距離感がいいじゃないですか。原幹恵ちゃんのとか見たんですけど、いいですよね、近いの」と原幹恵の回を振り返ったりしているうちに酔いも回ったようで、だんだんと瞳の奥もうっとり。3杯目で、「だめだ、気持ちいい(笑) リラックスタイムだ~」とベッドにダイブすると、「もっと近くに? いいよ」と添い寝を連想させる至近距離アングルで、視聴者を誘惑した。このまま、「まだまだ寝かせないぞ」と予定の放送時間を20分も延長。

ラストは、「自撮りが苦手な中村にしては頑張ったということで褒めてください」と照れつつコメントしながら、肩紐が外れてしまいそうな装いで、“のんべえ”を発揮した朗読ソフレを終了させた。

最終更新:8/11(木) 10:00

Smartザテレビジョン

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊ザテレビジョン

株式会社KADOKAWA

2016年49号
12月7日

特別定価:350円