ここから本文です

“夫実家の非常識”は抗議するだけムダ! 発想の転換とスルー力で乗り越えよ

週刊女性PRIME 8/11(木) 11:00配信

 いくら夫の実家といっても、そこは“別家庭”。どうしてもなじめない、どうしても受け入れられない文化がそこにあった。

「毎年、お盆は夫の実家に泊まりで行かなきゃならないんです。実家には変なルールがあるし居心地が悪いから、できれば行きたくない。そもそも、お盆に帰らないといけないっていうのも、私には変なルールに思えます」

 と、ため息をつくA子さん。その時点で、「わかる、わかる!」と思う人は多いのでは? 嫁と姑の関係、夫の実家という別家庭のルール、何年たっても戸惑いは隠せない。

 そんなときどうしたらいいのか、夫婦・家族問題評論家の池内ひろ美さんに聞いてみました。

「そもそも、結婚した以上、“嫁と姑の問題”って、永遠のテーマで、残念ながらこのふたつが交わることって、一生ないんです」

 と断言し、「だから、国際結婚だと思っちゃえばいいのよ」と、新たな発想を教えてくれた。

「例えば、インドの人は素手でごはんを食べますよね。それを見て、“ごはんはお箸で食べないとダメでしょ!”とは言わず、自分もやってみようって思いますよね。

 つまり、結婚は“国際結婚”、相手の家は“別文化”だと思えば気はラクになりますよ」

 また、嫁が姑に対し“非常識だ!”と思うことは、確かにたくさんあるかもしれないけれど、そこは価値観の違いだから仕方ないという。

「姑さんにとっては、それが常識かもしれませんよね。でもそれは自分の価値観であって、人に押しつけてはダメなんです。その家にある文化を、なぜあなたが変えるんですか? 

 それに、今から舅や姑に言ったとしても、もう変えることはできないし変わらないですからね(笑)。違う、おかしい、やっぱり変だ、と思えば思うほど、ストレスになるだけですよ」

 つまり“郷に入っては郷に従え”ということ。とはいっても、嫁の立場からすると、夫実家の非常識問題は尽きることなく帰省のたびに、ため息が出ちゃうもの。

「だったら発想の転換で、“ここはひとつ、私のスルー力を鍛えるチャンスだ!”と思えばいいんですよ。スルー力、つまり受け流すこと。姑に非常識だと思うことをされても、うまく流せばいいんです。

 このスルー力を身につけておけば、子どもの保護者会やご近所付き合いなどでも、あとあと役に立ちますよ」

 国際結婚と考えたり、スルー力をつけるチャンスだと思ったりすれば、夫実家の非常識も、面白くなるかも。

【プロフィール】
◎池内ひろ美
夫婦・家族問題評論家であり、日本女子力推進事業団の代表理事。テレビや講演などで夫婦や家族問題について鋭く分析。新刊『とりあえず結婚するという生き方』(ヨシモトブックス)好評発売中。

最終更新:8/11(木) 11:00

週刊女性PRIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊女性PRIME

(株)主婦と生活社

「週刊女性」11月29日発
売号 / 毎週火曜日発売

定価390円(税込)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。