ここから本文です

リオ五輪・自転車男子TTはスイスのカンチェッラーラが2度目の金メダル獲得!

CYCLE SPORTS.jp 8/11(木) 8:31配信

女子は米国のクリスティン・アームストロングが3大会連続金メダル!

ブラジルで開催中のリオデジャネイロ・オリンピックは、8月10日に個人タイムトライアルを競い、スイスのファビアン・カンチェッラーラ(トレック・セガフレード)が、2008年の北京オリンピックについで2度目の金メダルを獲得した。

男子に先駆けて行われた女子個人タイムトライアルには25選手が参加し、米国のクリスティン・アームストロングが3大会連続で金メダルを獲得した。日本の與那嶺恵理は2分16秒遅れの15位だった。
 
男子個人タイムトライアルには、29カ国35選手が出場。雨の一日になり、気温は21度Cだった。ロードレースで最初のローカルサーキットになっていたグルマリ・サーキットを2周するコースで、丘越えが4回含まれていた。

カンチェッラーラは9.95km地点の第1計測ポイントをトップタイムで通過したが、19.7km地点の第2計測ポイントでは一度失速し、先にスタートしていたオーストラリアのローハン・デニス(BMC)がトップタイムを出して好調に走っていた。

カンチェッラーラはそこからスピードを上げ、34.5km地点の第3計測ポイントでふたたびトップに立ち、2位のデニスに17秒差を付けていた。後半はこの2人の闘いになるかと思われた矢先、デニスは機材トラブルに見舞われて、自転車を交換しなければならなくなってしまった。

これでタイムをロスしたデニスは44.35kmの第4計測ポイントで4位にまで後退し、結局5位でゴールし、メダルには手が届かなかった。

トップタイムでゴールを目指すカンチェッラーラに迫ったのはオランダのトム・ドゥムラン(ジャイアント・アルペシン)だった。彼は7月21日に行われたツール・ド・フランス第19ステージで落車し、左手橈骨を骨折。6日に開催された男子ロードレースはスタートしてたった13kmでリタイアしていた。

しかし、この日は目覚ましい走りを見せ、25歳のドゥムランはカンチェッラーラに47秒遅れの2位になり、銀メダルを獲得した。

2012年のロンドン・オリンピックで3位だった英国のクリストファー・フルーム(チームスカイ)は最終走者で、第1計測ポイントは7位通過とスローペースだったが、次第に順位を上げ、1分2秒遅れの3位に入って銅メダルを獲得した。

ホットシートで優勝確定を知った35歳のカンチェッラーラは、スタッフと抱き合って喜び、感涙していた。そして表彰台では、少年のように飛び上がって喜びを表現していた。彼は今シーズンで引退すると表明している。


■リオデジャネイロ・オリンピック・男子個人タイムトライアル結果[8月10日/ブラジル/54.5km]
1 ファビアン・カンチェッラーラ(スイス/トレック・セガフレード)1時間12分15秒
2 トム・ドゥムラン(オランダ/ジャイアント・アルペシン)+47秒
3 クリストファー・フルーム(英国/チームスカイ)+1分02秒
4 ホナタン・カストロビエホ(スペイン/モビスター)+1分06秒
5 ローハン・デニス(オーストラリア/BMC)+1分10秒
6 マチエイ・ボドナル(ポーランド/ティンコフ)+1分50秒
7 ネルソン・オリベイラ(ポルトガル/モビスター)+1分59秒
8 ヨン・イサギレ(スペイン/モビスター)+2分06秒
9 ゲラント・トーマス(英国/チームスカイ)+2分37秒
10 プリモシュ・ログリッチ(スロベニア/ロトNL・ユンボ)+2分39秒


■リオデジャネイロ・オリンピック・女子個人タイムトライアル結果[8月10日/ブラジル/29.7km]
1 クリスティン・アームストロング(米国)44分26秒
2 オレガ・ザベリンスカヤ(ロシア)+5秒
3 アナ・ファンデルブレヘン(オランダ)+11秒
4 エレン・ファンダイク(オランダ)+22秒
5 エリーザ・ロンゴボルギーニ(イタリア)+25秒
6 リンダ・ビルムセン(ニュージーランド)+28秒
7 タラ・ウイッテン(カナダ)+34秒
8 リサ・ブレナウアー(ドイツ)+56秒
9 カトリン・ガーフット(オーストラリア)+1分08秒
10 イブリン・スティーブンス(米国)+1分33秒
15 與那嶺恵理(日本)+2分16秒

最終更新:8/11(木) 8:31

CYCLE SPORTS.jp

記事提供社からのご案内(外部サイト)

CYCLE SPORTS 2017年1月号

株式会社八重洲出版

1月号
毎月20日発売

670円

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。