ここから本文です

優勝候補アルゼンチン、まさかのGS敗退。痛恨のPK失敗でホンジュラスとドロー【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/11(木) 2:57配信

【アルゼンチン 1-1 ホンジュラス リオデジャネイロオリンピック1次リーグ】

 リオデジャネイロオリンピック1次リーグが現地時間の10日に行なわれ、U-23アルゼンチン代表はU-23ホンジュラス代表と対戦した。

優勝候補アルゼンチン、まさかのGS敗退 グループステージ最新順位表【リオ五輪】

 ここまで1勝1敗と勝点3で並ぶアルゼンチンとホンジュラスの戦い。得失点差でホンジュラスがグループ2位に付けており、ホンジュラスが引き分け以上であればアルゼンチンのグループステージ(GS)敗退が決定する。

 序盤からアルゼンチンは猛攻を仕掛けるも、ことごとくチャンスを決められない。一方、ホンジュラスもカウンターから勢いを盛り返し、前半アディショナルタイムにはPKを獲得する。しかし、ここはアルゼンチンのGKルジがファインセーブでピンチを防いだ。

 するとハーフタイム開けの55分、今度はアルゼンチンがPKを獲得する。しかし、ここを背番号10番のコレアが痛恨のミス。シュートは枠の右に外れる。70分にはアルゼンチンはアトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督の息子であるジョバンニ・シメオネを投入する。

 しかし、直後に再びホンジュラスがこの日両チーム合わせて3本目のPKを獲得する。これをロサーノが冷静に決めてホンジュラスが先制に成功する。

 試合終了間際の90分にアルゼンチンのマルチネスがFKから同点に追いつくも反撃もそこまで。試合は1-1で終了した。同時間に開催されたアルジェリア対ポルトガルが1-1で終了したため、ポルトガルの首位通過、ホンジュラスの2位通過が決定。優勝候補アルゼンチンはまさかのGS敗退に終わった。

【得点者】
75分 0-1 ロサーノ(ホンジュラス)
90分 1-1 マルチネス(アルゼンチン)

フットボールチャンネル

最終更新:8/11(木) 6:13

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。