ここから本文です

五輪の舞台に届かなかったマラソン人生 それでも出会えた「新しい自分」

THE ANSWER 8/11(木) 16:31配信

千葉真子が語るマラソン競技、「生きる術を教えてもらった」

 人生はよくマラソンに例えられる。

 42・195キロの道のりには多くのドラマが詰まっており、人生に重なる部分があるからだろう。

【写真】リオ五輪での活躍に期待、各種目の日本人美人アスリート

 1996年のアトランタ五輪、女子陸上1万メートルで5位入賞を果たした千葉真子はマラソンに転向して以降、五輪の舞台を踏めないまま競技生活にピリオドを打った。

 喜びも苦しみもあったマラソン人生。しかし彼女はマラソンとの出会いによって「新しい自分」に出会えたのだった。

「私の血液型はA型で、細かい性格と言えます。トラック競技をやっているときは昨日の練習よりタイムが1秒落ちるだけで悔しかったんです。でもマラソンをやってからは、日々のトレーニングに一喜一憂するんじゃなくて自分の成長を待てるようになった。

 日々の練習が点にとどまらない。レースまでじっくりトレーニングしていくなかで、何カ月後の自分を見据えてゆるやかにいい状況をつくり上げていく感覚に変わっていきました。今やっていることは決して無駄ではないんだ、と。マラソンは大人の競技。実は子育ても似ているんです。点で見るのではなく、線で見ていく。そうすると子供の成長をじっくり待てるんです」

マラソンは人間力を問われる競技

 マラソン転向から6年近く経った2003年8月の世界陸上パリ大会で銅メダルを獲得する。ケガを繰り返しながらも、「線」の取り組みが成果として表れた瞬間であった。

「フルマラソンという競技は凄く難しくて、積み上げてきた人間力というものが出る競技なんだな、と。ハーフマラソンまでは練習どおり、言われたとおりに走れるのですが、フルマラソンはそうはいきません。長いレースのなかで起こることに対して、考えて判断する能力も必要になってくる。その意味で積み重ねてきた自分の経験を活かすことができるようになってきたかなという実感はありました」

 レースにはイレギュラーなことが待っている。どう対応して、自分のペースを貫いて走っていけるのか。

 彼女は走ることを通じ、人として強くなっていった。

「体を鍛えることによって心も強くなる。結果が良かったときより悪かったときのほうが学ぶべきことが多かったですね。陸上競技、マラソンに生きる術というものを教えてもらいました」

1/2ページ

最終更新:8/11(木) 16:36

THE ANSWER