ここから本文です

東京五輪の野球ベストメンバーは?

Wedge 8/11(木) 8:10配信

 リオ五輪の開幕を目前に控えた4日早朝4時46分、野球・ソフトボールが2020年東京五輪で復活することが正式決定すると、日本のメディアはこぞって大々的に報じた。最近、一般紙、スポーツ紙のほとんどがこれほど足並みをそろえて一面トップで伝えたニュースも珍しい。都や国やJOCに優るとも劣らぬ「東京五輪を何としても成功させなければ」というマスコミの意気込みが伝わってくる。

五輪復活を喜ぶ業界団体

 それ以上に目を引いたのがNPB(日本野球機構=プロ)、BFJ(全日本野球協会=アマ)、JSA(日本ソフトボール協会)の主要団体が協力し合って製作したビデオメッセージだ。ON(王貞治・ソフトバンク球団会長、長嶋茂雄・巨人終身名誉監督)をはじめ、各チームの主力選手たちがファンに声援を呼びかけている姿をあらかじめ撮影しておき、五輪復活が決まった当日それぞれの公式ホームページで一斉にアップ。これは大変壮観だった。

 では、東京五輪の野球でベストメンバーを組むとしたら、どのような顔ぶれになるか。いまから4年後には侍ジャパンの主力に成長していてもらいたい、という個人的な願いも多分に込めて、独断と偏見で選んでみた。

1番中堅・オコエ瑠偉(楽天・19歳)
2番遊撃・今宮健太(ソフトバンク・25歳)
3番二塁・山田哲人(ヤクルト・24歳)
4番左翼・筒香嘉智(DeNA・25歳)
5番右翼・柳田悠岐(ソフトバンク・28歳)
6番DH ・中田翔(日本ハム・27歳)
7番一塁・清宮幸太郎(早実・17歳)
8番三塁・鈴木誠也(広島・21歳)
9番捕手・森友哉(西武・21歳)
投手・大谷翔平(日本ハム・22歳)

 1番中堅を現在の実力で選ぶなら、昨季、シーズン最多安打の新記録216安打をマークした秋山翔吾(西武・28歳)が最も適任だろう。が、4年後にその秋山を超えるぐらいの俊足巧打の外野手に大化けしてほしい、という希望をオコエに託したいのだ。2番遊撃も坂本勇人(巨人・28歳)を選ぶべきだとわかってはいるけれど、3歳年下で伸びしろが大きい今宮を推す。パンチ力があるだけでなく、今季24歳10カ月と史上最速の若さで200犠打をマークしたつなぎの打撃を買いたい。

 8番三塁に入れた広島・鈴木は外野手じゃないか、と異議を唱える向きもあるかもしれない。しかし、彼は2012年秋のドラフトで2位指名されたとき、もともと内野手として育てられる予定だった。それがチーム事情で外野も兼ねるようになり、三塁にスター候補生の堂林翔太、外国人のエクトル・ルナらがいることから外野に定着している。そうした中、今季の打撃開眼によって、「将来のために来季以降は4番・サードに固定しては」という声が一部首脳陣から挙がっているのだ。

 この将来有望な若い選手たちが東京五輪の大舞台で大暴れする姿を想像するのは、実に楽しい。とはいえ、侍ジャパンとしては責任重大だ。3大会ぶりに東京で正式種目に復活する以上、優勝は至上命題である。しかも、野球・ソフトボールがサーフィン、スケートボード、スポーツクライミングなど、若者に人気の競技とパッケージになっており、増加する選手数を500人以内に抑えなければならない事情から、従来8カ国だった参加チームが6カ国に減らされた。それだけに、韓国やキューバなどのライバル国はもちろん、台湾、中国、ドミニカ、オランダ、オーストラリアあたりも、本戦に出場すればメダル獲得に目の色を変えて挑んでくることが予想される。

6カ国で決める世界一?

 球界内部には、「6カ国しか参加できないのに世界一を決められるのか」という意見もある。そうした厳しい現状からも、開催国であり、野球復活の旗振り役だった日本は絶対に勝たなければならないのだ。プレッシャーの大きさたるや、五輪野球史上一番と言っても過言ではない。そういう意味からも、野球の将来を担う選手がどんな素晴らしいプレーを見せてくれるか、興味は尽きない。

赤坂英一 (スポーツライター)

最終更新:8/11(木) 8:10

Wedge

記事提供社からのご案内(外部サイト)

月刊Wedge

株式会社ウェッジ

2016年12月号
11月19日発売

定価500円(税込)

■特集 クールジャパンの不都合な真実
・設立から5年経過も成果なし 官製映画会社の〝惨状〟
・チグハグな投資戦略 業界が求める支援の〝最適化〟
・これでいいのかクールジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。