ここから本文です

いま改めて問う――監督の仕事とは? 名将とは?

SOCCER DIGEST Web 8/11(木) 16:20配信

強烈なパーソナリティーがなくても優れたリーダーは存在する

 監督の仕事は、チームを勝たせることにあるのだろう。そのために集団を束ね、鍛え上げ、勝負の要諦を掴み、適切な手を打つ。

 そんなことは、多くの指導者たちが分かっている。勝利から逆算し、やるべきことを一つひとつやっているのだろう。

 しかし、問題は仕事の質である。それは日月を経るとともに、大きな差となって表われる。

 では、名将はいかにして名将になるのか。

 Jリーグでは最近、成績不振によって多くの監督のクビが飛んでいるが、改めてその仕事の本質を問い直したい。

「監督ひとりの覇気がグループ全体を率い、手足のように躍動させる」

 それは名将として、ひとつのあり方なのだろう。ジョゼ・モウリーニョ、ディエゴ・シメオネらがこれに該当する。彼らはモチベーターとして、チーム(選手)を鼓舞し、その戦闘能力を最大限まで高める。

 その戦いは献身的だとか、ハードワークだとか分類されるが、それでは実際は足りない。選手はただ頑張っているわけではなく、戦術的に必要な動きを高い精度でこなしているのだ。

 言い換えれば、監督の求心力なしに、この精度は生まれない。

 もっとも、名将の定義とは、型にはめるべきものではない。それには、幾つかのケースがある。強烈なパーソナリティーがなくても、優れたリーダーというのはいるのだ。

 例えば、先のEURO2016で優勝したポルトガルのフェルナンド・サントス監督は、モウリーニョやシメオネのように、自身のキャラクターを出すことはない。

 風貌は地味な“おじさん”に映るが、選手の資質を見極め、試合のなかでどのようにすれば力を出せるのか、どの組み合わせならうまくいくのか――それだけを冷静に見て、選手をピッチに送り出した。

 何ごとも大袈裟にはしない。しかし、チームが機能するために必要なものを見極められるのだ。

「駄馬でも駿馬に映る」は兵法の極意だが、ものは使いよう。良い乗り手が、良い監督ということか。

1/2ページ

最終更新:8/11(木) 16:20

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。