ここから本文です

決勝T進出へ崖っぷちの手倉森J スウェーデン守備陣を崩せず0-0で後半へ

Football ZONE web 8/11(木) 7:56配信

別会場ではグループ2位のコロンビアがナイジェリアに先制

 手倉森ジャパンは10日(日本時間11日)、リオデジャネイロ五輪グループリーグ最終戦のスウェーデン戦に臨んだ。突破の望みが懸かった一戦は互いに譲らず、スコアレスのままハーフタイムに突入した。

【写真特集】リオ五輪を彩る女子サッカーの美女選手たち

 日本は2-2で引き分けたコロンビア戦から先発メンバー3人を変更。システムは4-4-2で、第2戦で痛恨のオウンゴールを献上した藤春廣輝に代わって亀川諒史が今大会初先発、南野拓実と大島僚太がスタメンに復帰した。右かかとを痛めている2試合連続ゴール中の浅野拓磨も、コロンビア戦(2-2)に続いて興梠慎三と2トップを組んだ。

 自力突破の可能性が消滅している日本は、突破の可能性を高めるために勝利が求められるこの試合。前半6分に遠藤航の浮き球のパスから中島翔哉が最終ラインの裏へタイミング良く抜け出して最初の決定機を得たが、ここはシュートではなくパスを選択し、DFにクリアされた。ゆっくりとしたパス回しからチャンスを窺うスウェーデンに日本はしっかりと前線からプレスをかけて応戦し、主導権を握った。

 同32分、右サイドで室屋成がうまくDFを交わし、中央の南野へつないで中央へ進撃。ラストパスを受けた興梠は左足で強烈なシュートを放ったが、GKが触ってCKに逃れた。

 4-4-2でスタートしたスウェーデンだったが、試合途中から守備陣形を4-5-1に変更して日本の攻撃を迎えた。しかし、守備に人数を割いた影響からカウンター攻撃の迫力を欠き、日本も高さのあるスウェーデンが得意とするセットプレーにもうまく対応。2試合で7失点の守備も、前半は無難なプレーを見せた。

 両者リスクを犯した攻撃を控えた前半は、スコアレスのまま終了した。同時刻キックオフのナイジェリア対コロンビアの一戦は、前半4分にコロンビアが先制し1-0でリードを奪ってハーフタイムを迎えた。このままいくと日本は勝っても敗退が決まる状況となっている。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/11(木) 9:02

Football ZONE web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。