ここから本文です

筋肉を維持しながら脂肪を落とすために私がやったこと

ライフハッカー[日本版] 8/11(木) 22:10配信

zen habits:体についた脂肪を落としたいしたいと思っているのは、私だけではないと思います。私は今、2か月かけて脂肪を落とすプランを実行中なので、ご興味のある方と進捗状況を共有したいと思います。

約10年前にブログ「zenhabits」をスタートした頃、私は体重オーバーでしたが、そのときすでに減量ではかなりの進歩を遂げていました。野菜中心のヘルシーな食生活に変えたことと、定期的にエクササイズをするようにしたことが大きかったと思います。さらに、食べ過ぎないようにすることを学んだのも減量成功への大きな一歩でした。

ある時点では32kgも減量して絶好調でした。しかし、私は筋力がそれほど強くなかったので、新たにウエイトリフティングも始めました。その結果、いくらか体重が戻りました。最近は筋肉をつけるために意図的に食べる量を増やしていて、その影響が出ています。残念ながら脂肪もついてしまいました。とはいえそうなることは予想していたので、大したことではありません。今は脂肪を落とすことに取り組んでいます。

結局のところ、多少脂肪があっても構わないと思います。贅肉の無い締まった体になりたいとは思いますが、それは速く走れるようになったり素早く動けるようになるからです。でも、体に脂肪がついていてもどうということはありません。脂肪がついているのは嫌だという人の気持ちもわかりますが、罪悪感を感じる必要はないと思います。究極は、より健康的なライフスタイルにしていくことと自分に効果があるものを見つけていくことに尽きます。

私にとって効果的なやり方は次の通りです。

1.低カロリーの食事にする

エネルギーが足りない状態にならないと脂肪は減らせません。だから、私はまず自分の一日の総エネルギー消費量(TDEE)を計算して、そこから500カロリー減らした食事量を設定しています。最初は250カロリーから減らし始め、耐えられそうだと思ったら、あるいは2、3週間経っても脂肪の落ち方が不十分なら、さらにカロリーを減らしていくようにすることをお勧めします。私の場合は500カロリー減らすのがちょうど良いようです。

1/2ページ

最終更新:8/11(木) 22:10

ライフハッカー[日本版]

記事提供社からのご案内(外部サイト)

ライフハッカー[日本版]

株式会社メディアジーン

毎日更新中

最新ITサービス使いこなしガイド
ビジネス向けガジェット/ツール紹介
いま使える節約マネーハック術
モチベーションを上げるマインドハック

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。