ここから本文です

第二の玉音放送への答えは特別立法 --- 中村 仁

アゴラ 8/11(木) 7:10配信

早期の結論を最優先に議論を

天皇陛下が生前退位をにじませ、率直なお気持ちを表明されました。昭和天皇は1945年8月、玉音放送で国民に敗戦を伝えました。それに次ぐ第二の玉音放送といえます。「身体の衰えを考慮すると、象徴としての務めを果たしていくことが難しくなる」というご自身の声は悲痛です。

言葉の上では、天皇の行為が政治に影響を与えることを避けながらも、天皇の真意は明瞭です。国事行為や公務の縮小でしのぐ便法は「無理がある」と、明瞭に否定しました。皇太子が国事行為を代行する摂政も、選択肢としてあり得ないとのことです。これまで宮内庁や政府が考えてきた便法の全面否定です。

数年前から、生前退位のお気持ちを周囲にもらしてきたといいます。少しも事態が動かないので、思い余ってどこかの筋からNHKにお気持ちをリークし、やっと天皇の思いが表面化したのです。この問題はデリケートで、多岐にわたる議論が必要であるにせよ、なかなか手をつけようとしない政府、首相周辺に対する天皇の不信感の表明なのかもしれません。

首相のコメントはあっさり

安倍首相は天皇のメッセージを受けて、コメントを発表すると、メディアは伝えてきました。当日、首相は「ご公務のあり方については陛下のご心労に思いを致し、しっかり考えていく」と、あっさり述べたきりで、記者団の前から去りました。首相周辺では「天皇の位は(生前退位ではなく)これまで通りの世襲しかない」というのが本心なのでしょうか。

天皇の表情は例によって、非常に穏やかであっても、第二の玉音放送の表現は、やはり悲痛です。ここまで天皇に語らせるのか。読めば読むほど、先送り、棚上げを続けてきた政治にしびれを切らせてきたことへの不信を感じます。「天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合・・・」という言葉はきついですね。

天皇がそこまで思いつめているからには、解決を急ぐ必要があります。今の天皇に限って、生前退位を可能にする特別立法を国会で成立させる案があるそうです。これまでのように慎重に議論を続けていたら、結論がでるまで何年もかかることでしょう。「天皇の終焉に当たっては、重い行事が2か月にわたって続き、その後、喪儀に関連する行事が一年、続きます」とまでおっしゃっています。「天皇の終焉」は、だから議論を急ぐようにとの意味でしょう。

1/2ページ

最終更新:8/11(木) 7:10

アゴラ

記事提供社からのご案内(外部サイト)

アゴラ-言論プラットフォーム

アゴラ研究所

毎日更新

無料

経済、ビジネス、情報通信、メディアなどをテーマに、専門家が実名で発言することで政策担当者、ジャーナリスト、一般市民との交流をはかる言論プラットフォーム