ここから本文です

部屋づくりで女子力アップ!オブジェのように楽しむエアプランツ&苔玉入門

@DIME 8/11(木) 14:10配信

 水をあげなくても育つ“エアプランツ”は土や肥料を必要とせず、空気中の水分を吸収して育つ観葉植物。最近では雑貨店やホームセンター、100円均一ショップでも簡単に購入することができ、注目を集めています。

 また、苔玉は完成品はもちろんのこと、作成キットが安価で売られ“創る楽しみ”を味わえることで、その人気は衰え知らずです。

 そんなエアプランツ&苔玉はコンパクトサイズで場所いらず。お部屋やオフィスのデスク周りを気軽に、センスアップできるのです。

 女子力アップしたい女性はもちろんのこと、女子ウケを狙う男性にもおすすめです。

 まずはエアプランツで欧風グリーンインテリアにチャレンジしてみましょう。

■エアプランツとは?

 パイナップル科ティランジア属の着生植物の総称。南アメリカの乾燥地帯の原産で、現地では樹木や岩場などでよく見られる。空気中の水分を葉や茎からから吸収して生きている。

■エアプランツの育て方

 日当たりと風通しのよい湿度の低い場所に置いて管理。日陰に置く場合、週に2~3時間は日に当てましょう。

 殆ど水やりの必要はありません。月に2回、水に1、2時間ほど浸け、風通しのよい場所に置きましょう。

■エアプランツの飾り方

 土や水を不要とするため、飾り方は自由自在。フレームと組み合わせ壁に掛けたり、吊るしてバンキングにしたり…リースにしたり、雑貨と組み合わせたりと、お好みで何通りも楽しめます。

 今回は手軽に雑貨を利用して飾ってみました。購入したものはコレ。砂や貝殻、器も全て100円です。

 続いて、壁に飾ってあったオブジェにエアプランツを添えてみました。爽やかさに柔らかな雰囲気が加わりました。

 こんな風に、お部屋にある雑貨に添えるだけで、癒しと遊び心をもたらせてくれます。

 水やりもほとんど要らず、乾燥した場所でも育つので、オフィスのデスクに飾っても良さそうです。エアプランツがひとつあるだけで、センスアップしたインテリア空間が簡単に完成します。

 エアプランツを部屋に取り入れてセンスアップしたなら、次は和モダンチックな苔玉にもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

■苔玉(コケダマ)とは?

 植物の根を用土で包んで球状にし、表面に苔を貼り付け糸で固定したもの。鑑賞用として作られ、ひとつ500円くらいで園芸店、ホームセンターで購入できる。

■苔玉の育て方

 真夏の直射日光や寒い冬は苦手なので、夏は風通しのよい日陰に置き、冬は明るい窓際へ。

 水やりはたっぷりが基本。表面の苔が乾いてきたら水やりのサインです。水をはった入れ物に苔玉を沈め、気泡が出なくなったら水から取り出してください。

乾いた空気感が魅力のエアプランツに対し、日本的なしっとりした雰囲気を演出してくれる苔玉と、それぞれが違う個性を持っていますが、共にコンパクトなサイズのため、植物というよりもオブジェ感覚で楽しめちゃいます。

お部屋やオフィスをグリーンインテリアへ! この夏の思い出を詰め込んで、自分だけの “グリーンオブジェ”を創れば女性も男性も、“女子力アップ”は間違いなしです。

文/花澤御金

@DIME編集部

最終更新:8/11(木) 14:10

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き