ここから本文です

「最も感動するウエディングソング」1位に選ばれた曲は?

@DIME 8/11(木) 15:30配信

ウエディングソングの人気は時代とともに移り変わるもの。披露宴での盛り上がりに欠かせないが、定番ソングだと思っていたあの歌が、今ではあまり人気がない……ということも。では、今人気のある感動するウエディングソングは何だろうか?レコチョクは、定期的に実施しているユーザー・アンケート調査を元にした『最も感動するウエディングソング』ランキングを発表した。

『最も感動するウエディングソング』ランキング
1位 DAIGO 「K S K」
2位 安室奈美恵 「CAN YOU CELEBRATE?」
3位 木村カエラ 「Butterfly」
4位 長渕剛 「乾杯」
5位 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 「Wedding Bell ~素晴らしきかな人生~」

6月に結婚した花嫁は幸せになれるというジューン・ブライドの季節に選ばれたウエディングソングは、DAIGO「K S K」。「歌詞がとても素敵!自分も将来、最高の結婚生活を送りたいです!」「聴いていて自然と涙がこぼれる」、そして「今はこれしかないでしょう。温かくって、優しくて、愛情が詰まった曲ですよね」という声が寄せられ、ランキング1位に輝いた。「K S K」は“結婚して下さい”のDAI語。

プロポーズの言葉にアルファベットで返事を返せず後悔していた新婦のために、もう一度プロポーズして返事をもらおうと、自身の結婚披露宴でサプライズで披露したプロポーズソングだ。「お二人の披露宴のニュースを見て、この曲を聴きながら涙が溢れました」「旦那様になった人から気持ちを綴った歌をプレゼントしてもらえるなんてうらやましい」とリアル・ストーリーに想いを重ね、楽曲へのコメントとともに、二人の幸せを祝う声も多数寄せられた。

そんなDAIGOから、次のような喜びのコメントが寄せられている。「今回、最も感動するウエディングソング第1位に選ばれて本当に光栄です。結婚式でこの曲を使いたいって問い合わせも凄く来てて、嬉しい限りです!是非流していただけたらと思います!これからも大切に大切に歌っていきます!本当にありがとうございました! DAIGO」

6月に発売されたばかりのDAIGOの新曲がいきなりのトップ。感動的な歌詞もさることながら、自身の結婚披露宴でサプライズで披露したという話題性もあり、強く印象に残る結果となった。ウエディングソングの定番として、これからあらゆる結婚披露宴で聞けるはずだ。

【調査概要】
実施期間:2016年5月20日(金)~6月2日(木)
回答数:1517名
調査:レコチョク調査

文/編集部

@DIME編集部

最終更新:8/11(木) 15:30

@DIME

記事提供社からのご案内(外部サイト)

@DIME

小学館

2017年1月号
11月16日発売

定価630円

ヒット商品&トレンド大予測!
ふるさと納税駆け込み攻略ガイド!
発表!小学館DIMEトレンド大賞
別冊 DIME創刊号付き

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。