ここから本文です

ミラン本田が親善試合で69分間プレー 「監督のやりたい形は出せた」と試合内容に手応え

Football ZONE web 8/11(木) 15:34配信

セルタ、サッスオーロとの変則マッチに出場 PK戦では痛恨の失敗

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、10日に開催されたTIMトロフィーのセルタ戦に45分フル出場、サッスオーロ戦は21分から途中出場でプレーした。セルタ戦ではPK戦で4人目のキッカーを務めて失敗もチームは勝利。しかし、サッスオーロには2-3で敗れ、優勝を逃した。

伊メディアが選定 ベルルスコーニ体制下のミランに名を刻む「名手トップ10」

 このTIMトロフィーは、3チームが45分の試合を総当たりで行い優勝チームを決める開幕前の恒例になっている大会で、ベルルスコーニ杯という名称で実施されたこともあった。2001年にスタートした同大会は、ミラン、インテル、ユベントスの3チームによる対戦が恒例だったが、近年はミラン以外のチームが入れ替わることも多く、今回は史上初めてイタリア国外のクラブを招いて実施された。

 ミランは初戦でセルタと対戦。本田は右ウイングとしてスタメン出場し、ウェストハムへの移籍問題に揺れるコロンビア代表FWカルロス・バッカもスタメンのピッチに立った。ミランはチャンスを作りながらゴールが遠い展開が続き、試合終了間際の45分に本田がハーフライン付近からバッカに絶妙なワンタッチでのスルーパスを通したものの、バッカはGKとの1対1でシュートをセーブされ得点ならず。PK戦に突入した。

 PK戦は先攻のミランが3人連続で決め、セルタが2人失敗した後の4人目に本田が登場。決めれば勝利の場面で本田はゴール正面に緩く転がすキックを選択したが、相手GKは早く動いたものの足を残してセーブされた。結局、ミランは5人目のMFジャコモ・ボナベントゥーラが決めて4-2でPK戦を制した。

「コンディションは上がってきている」

 PKこそ失敗したものの決定機を作り出した本田は、「いくつか監督のやりたい形は出たんじゃないかなと思うんですけど、あとはしっかり、それをレギュラーの選手だけではなくて、全員がもう少しレベル的に底上げできれば、厳しいリーグを戦っていくことができるんじゃないかなと思います」と、試合内容に手応えを感じた様子だった。

 続くゲームをセルタがサッスオーロに1-0で勝利して迎えた第3戦は、ミラン対サッスオーロ。勝利すれば優勝できるミランは、FWスソをスタメン起用して本田はベンチスタートとなった。ミランはFWエムベイエ・ニアングが、自身が倒されて得たPKを決めると、FWスソのアシストから2ゴール目も決めて2点をリード。18分に1点を返された3分後に本田はスソと交代でピッチに送り込まれたが、32分、41分と連続ゴールを許し2-3の逆転負けを喫した。

 結局、PK勝ちのみのミランは3位となり、1勝1PK負けのセルタが優勝、1勝1敗のサッスオーロが2位と、ミランにとっては不満の残る結果になった。

 6月の日本代表活動中に足を痛め、プレシーズンの序盤は別メニュー調整が続いていた本田は、この日の90分間のうちでほぼ3分の2となる69分間プレー。約10日後に控えたリーグ開幕に向け、「だいぶ良くなってきていますよね。徐々にコンディションは上がってきています」と、順調な仕上がりを強調した。本田はポジション争いのライバルとなるスソよりも長い出場時間を得た上に、持ち味のラストパスの精度も見せたが、スソはサッスオーロ戦でアシストという結果を残している。

 開幕へ向けて、本田はヴィンチェンツォ・モンテッラ監督へ向けてまずまずのアピールに成功したものの、スソとの熾烈なポジション争いはこれからも続いていきそうだ。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/11(木) 15:34

Football ZONE web