ここから本文です

ミラン、中盤の補強選手を特定。優先権を持つユーベと再び獲得を巡って争奪戦へ

フットボールチャンネル 2016/8/11(木) 8:20配信

 本田圭佑が所属するミランは、遂にヴィンチェンツォ・モンテッラ監督にプレゼントするための中盤のキーマンを特定したようだ。10日にイタリアの『ジャンルカディマルツィオ.com』が報じた。

【動画】伊紙を魅了 ミラン本田の真骨頂、“多彩な美技”

 守備を補強したミランは、次に中盤の補強に向けて動いている。先日から様々な候補者の名前が挙がっているが、遂に適切な補強選手を割り出したようだ。その選手が、ボカ・ジュニオルスに所属する19歳のMFロドリゴ・ベタンクールだとみられている。

 ウルグアイ人のベタンクールは、EU圏内のパスポートを保持していない。それにより、先日すでにDFグスタボ・ゴメスを獲得したミランは、獲得を狙っているとされるベスクタシュのMFホセ・ソサやチェルシーのMFフアン・クアドラードの獲得を諦めざるを得なくなる。

 ベタンクールを将来の中盤のゲームメーカーとして考慮しているミランは、すでに両クラブ間で初接触を行ったようだ。そこでミランは、同選手を獲得したい意思を明確に伝え、ボカは1500万ユーロ(約16億円)の移籍金を要求していると報じられている。

 そうしてミランとユベントスが、ベタンクールの獲得を巡って争奪戦を始めることになった。ユベントスにはカルロス・テベスの取引で生じた同選手の獲得優先権があるため、同選手の元に届くあらゆるオファーに同等のオファーを提示することができる。さらに、競売をするためにミランへオファー額を高めさせることもできるようだ。

 ミランは、すでに今夏にマルコ・ピアツァの獲得を巡ってユベントスと争奪戦を繰り広げている。果たしてユベントスとの争奪戦を制することができるのかどうか、今後の展開に注目が集まりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:2016/8/11(木) 8:20

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュース公式アプリ

都道府県ニュース、防災情報もこれひとつ!

天皇陛下の退位 専門家の提言

天皇陛下の退位をめぐり政府が設けた有識者会議は年明けにも、論点整理を取りまとめる。
憲法や皇室問題に詳しい専門家の提言とは。