ここから本文です

モンテッラ監督が去就に揺れる本田について言及 「彼はミランの選手の一員だ」

Football ZONE web 8/11(木) 21:10配信

プレシーズンマッチ後に本田に関する質問に答える

 ACミランの日本代表FW本田圭佑は、10日にミラン、セルタ(スペイン)、サッスオーロの3チームによる変則的なプレシーズンマッチであるTIMトロフィーで69分間プレーした。本田はセルタ戦で決定的なスルーパスを通したものの、PK戦では痛恨の失敗。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督は去就問題も発生している本田について、「彼はミランの選手の一員だ」とチームの戦力として見なしていることを明かした。

【写真一覧】伊メディア特集 本田所属の名門ミラン、ベルルスコーニ政権に栄光をもたらした名手トップ10

 3チームが45分ずつの試合を総当たりで戦うこの変則的なゲームで、ミランは全体の初戦と3戦目に登場した。初戦のセルタ戦でスタメン出場して45分間フル出場した本田は、0-0で迎えた終了間際の45分にハーフライン付近からコロンビア代表FWカルロス・バッカにワンタッチで絶妙なスルーパスを通したが、バッカがシュートを決められずにPK戦に突入した。4人目が決めれば勝利の状況で登場した本田は、ゴール中央に緩いボールを蹴ったものの相手GKにセーブされた。ミランは5人目のMFジャコモ・ボナベントゥーラが決めて、4-2で勝利した。

 続くサッスオーロ戦はベンチスタートだった本田は、2-1とリードした21分に登場。しかし、32分と41分にゴールを許し逆転負けを喫した。ミランは1PK勝ちと1敗の勝ち点2となり、3チーム中で最下位に終わった。それでもモンテッラ監督は「いい試合をした。後半はコンディションが上がってきて、とても良くなっている」とチーム全体のパフォーマンスを評価した。

中田英寿との比較についての質問も

 そして本田について、「地元の記者は『モンテッラ監督は本田をそれほど認めていない』と書いているが?」という質問を受けたモンテッラ監督は、「地元? それは君のなまり(アクセント)の地元? それとも……」と冗談を言いつつ、「ミランにしっかりと本田をつないでいたいか?」という去就に関する質問には、「彼はミランの選手の一員だ。問題はない」と明言。本田を今シーズンの戦力として計算していることを明らかにした。

 現役時代にローマで、元日本代表MF中田英寿とチームメートだったモンテッラ監督は、2人の違いについて「性格については話せないよ。個人的なことだからね」としたものの、「2人とも優秀な、親愛の持てる選手たちだよ。ちょっと恥ずかしがりかもしれないね」と話した。中田とともにローマでリーグ優勝を経験したモンテッラ監督は、今度は本田と“監督と選手”の関係でタイトルを獲得できるだろうか。

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

最終更新:8/11(木) 21:10

Football ZONE web