ここから本文です

遠藤航、初勝利も決勝T進出果たせず「突破できなくて残念。悔しい気持ちでいっぱい」【リオ五輪サッカー】

フットボールチャンネル 8/11(木) 9:39配信

 現地時間10日にリオデジャネイロオリンピック1次リーグが行われ、日本代表はスウェーデン代表と対戦。矢島慎也の得点が決勝点となり日本が1-0の勝利をおさめた。しかし、他会場で行われていた同時刻キックオフの試合で、2位コロンビアが首位のナイジェリアを下したため、日本はグループステージ敗退となっている。

日本、初勝利も決勝T進出ならず グループステージ最新順位表【リオ五輪】

 この結果、日本は1勝1分1敗勝ち点4のグループ3位で大会を去ることになった。試合後に遠藤航は「立ち上がりからコロンビア戦同様に自分たちからアクションを起こしてサッカーをしようというところで、入り方は良かったと思いますし、先制点も取れて失点もゼロに抑えれて、勝利できたことは良かったです。ただ、突破できなくて残念です」とコメントし、改善できた部分を語ると共に悔しさを露わにした。

 また、キャプテンとしてリオ五輪を戦ったことに関しては「自分ができることというのは、しっかりと気持ちを前面に出してプレーすることであったり、何回も失点してビハインドになったりしていましたが、そういうのを諦めずに出すことを意識しました。ただ、結果が伴わなかったので悔しい気持ちでいっぱいです」と、これまでの試合で意識していたことを明かした。

 最後に「この経験を糧にしていかないとダメだと思います。オリンピックチームはここで終わりですが、個人個人としてのプロサッカー人生はまだまだこれからだと思うので、絶対にこの悔しさというのを無駄にしないで、またさらに努力を続けて成長していけるように頑張りたいと思います」と、今後に向けた意気込みも語っている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/11(木) 10:24

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)