ここから本文です

モウリーニョ、ポグバの移籍金批判を一蹴「記録を破るクラブが出てくるもの」

フットボールチャンネル 8/11(木) 12:27配信

 マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督がフランス代表MFポール・ポグバの移籍金についての批判を一蹴した。10日付の英紙『テレグラフ』が報じた。

決勝トーナメント 組み合わせ決定 グループステージ最新順位表【リオ五輪】

 歴代最高額となる9200万ポンド(約120億5200万円)の移籍金でユナイテッドに加入したポグバだが、高騰する移籍金にアーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督やリバプールのユルゲン・クロップ監督からは「完全に狂っている」と批判の声が湧き上がっていた。

 しかしモウリーニョ監督は「サッカー界では記録を破るクラブが出てくるものだ。それを可能にするのはマンチェスター・ユナイテッドのようなトップクラブだけであり、彼らはトップクラブが抱えるこのような問題を持つことはないだろうね」と批判は嫉妬であると語った。

 ユナイテッドはすでにビジャレアルからコートジボワール代表DFエリック・バイリーを3000万ポンド(約39億3000万円)、ドルトムントからアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンを2600万ポンド(約34億600万円)で獲得するなど、今年も移籍市場に大金を投じている。

フットボールチャンネル

最終更新:8/11(木) 12:44

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。