ここから本文です

バルサ、“第4FW”獲り諦めず…会長「新たな選手を獲得する」。残り予算も明言

フットボールチャンネル 8/11(木) 15:50配信

 移籍マーケットの締切まで残り1ヶ月を切っているが、バルセロナはあとひとり選手を獲得することになりそうだ。10日付け『アス』が報じた。

【動画】メッシを超えた“魔法の左足” 中村俊輔のフリーキックが世界4位に!

 バルセロナはこの夏の移籍マーケットでフランス代表DFサミュエル・ユムティティ、フランス代表DFリュカ・ディニュ、ポルトガル代表MFアンドレ・ゴメス、スペイン代表MFデニス・スアレスを獲得している。

 ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長は、バルセロナの公認ファンクラブたちが集う会合に出席し「クラブは移籍マーケットが閉まるまでに新しい選手を獲得する」と認めた。

 さらに、バルトメウ会長は「割り当てられた約1億ユーロ(約113億円)の選手への投資資金のうち、8000万ユーロ(約90億円)を移籍金に使った」と語り、「クラブは2000万ユーロ(約23億円)を選手獲得に使えることとなる」とクラブの財政状況を説明した。

 兼ねてよりバルセロナはFWの選手層が課題となっており、数多くの選手が報じられていた。しかし、ケビン・ガメイロ(アトレティコ・マドリーへ移籍)やルチアーノ・ビエット(セビージャに移籍)など、いずれも失敗に終わっている。

 FW補強が進まないことに、ルイス・エンリケ監督は「このままのチームでも問題はない」と語り、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールの“MSN”の控えに不安を抱えたままシーズンに挑むこともやむなしという姿勢を見せていた。

 バルセロナに残された時間はおよそ3週間、使える金額は2000万ユーロという限られた条件の中で、再びFW探しを試みることになりそうだ。

フットボールチャンネル

最終更新:8/11(木) 16:02

フットボールチャンネル

記事提供社からのご案内(外部サイト)

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。