ここから本文です

びんぼう電車をすくった「ねこの駅長たま」の感動物語

ダ・ヴィンチニュース 8/11(木) 9:00配信

 びんぼうなおんぼろ電車を救うため、世界初の「ねこの駅長」として活躍した“たま”の物語『ねこの駅長たま びんぼう電車をすくったねこ』が、2016年7月15日(金)に発売された。

 わたし、ねこのたま。駅で生まれて、電車と駅とお客さんが、だーいすき! ある日、びんぼうで、電車も駅もなくなることに! たいへん! そんなのやだ! みんなにも会えなくなっちゃう…… だから、わたし決めたんだ。ねこの駅長になって、電車をすくう! 不安もあるけど、たくさんの仲間といっしょに、お仕事がんばるにゃん! たまのかわいさに、全国からお客さんが増え始めたころ。がんばるたまに異変が…!? 果たしてお客さんは、電車はどうなっちゃうの…!?

 2015年、和歌山電鐵10周年を迎える直前に亡くなり、名誉永久駅長になったたま。その活躍ぶりは今も変わらず地域を元気にしている。たまが仕事を教え、後を継いだニタマ駅長は、TIME誌が選ぶ2016年『世界で最も影響力のある100匹の動物』に選ばれるほどだ。

 同書は、「たまを駅長さんにした社長さん」こと、和歌山電鐵の社長・小嶋光信が、たまの生涯をたまになりかわり、心を込めて描いた物語だ。発売後すぐに大重版を重ねるなど、全国で話題を呼んでいる。

角川つばさ文庫「ねこの駅長たま びんぼう電車をすくったねこ」は7月15日に発売後、緊急重版を重ね、和書部門売上第1位(2016年8月1日付デイリーランキング紀伊國屋書店チェーン調べ)になりました。児童文庫では、とても珍しいことだと思います。これをきっかけに、より多くの子どもたちに、駅長として活躍した、たまのお話を読んでもらいたいです。
角川つばさ文庫編集部


※掲載内容は変更になる場合があります。

最終更新:8/11(木) 9:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。