ここから本文です

新京極通は魔界だった? 鴨川には凄惨な過去が? あなたの知らない怖い京都をご案内

ダ・ヴィンチニュース 8/11(木) 15:00配信

 日本で有数の観光地として、国内外から多くの観光客が訪れる京都。町が碁盤の目のようになっている、歴史的な建物や場所が多い、珍しい地名が多いなど、他の地域とは一線を画している。かつて栄華を極めた場所であるだけに華やかなイメージが強く、それが多くの人を惹きつける。しかし、実は京都には残酷で怖い一面があることをご存じだろうか?

『ほんとうは怖い京都の地名散歩』(浅井建爾/PHP研究所)では、京都の地名に隠された謎や怖い伝説など、現在のイメージとはかけ離れた身の毛もよだつエピソードが紹介されている。

魔界だった新京極通

 京都でお土産を買う時など、一度は立ち寄るであろう繁華街の新京極通。現在は、飲食店や土産物店、娯楽センターなどが並ぶ商店街だが、かつては妖怪や怨霊たちが棲む魔界として、人々が恐れる地域だったそう。平安京の東端を南北に走る「東京極大路」という通りがあり、ここは人間界と魔界の境界線だと言われていた。明治時代に建設された新京極通は、この境界線の外側に位置しているというわけだ。1000年以上の時を経て活気にあふれた商店街になるとは、平安京の人は想像もしなかっただろう。

地名に隠された謎

 阪急電鉄京都線の「西院駅」も、実は恐ろしい場所だった。これは「さいいん」と読むのだが、古くは「西院」を「さい」と読むのが一般的だったそうだ。そのため、近くを走る京福電鉄嵐山本線の「西院駅」は「さい」と読む。では、「さい」とは何のことなのか? お気づきの方もいるかもしれないが、「賽の河原」だ。当時、西院あたりは魔界との境界だと信じられており、現在の姿からは想像もできないような不気味な場所だったようだ。そして、近くには「佐比の河原」という埋葬地があった。賽の河原は三途の川を渡った先にあるので、埋葬地であるこの場所と通ずる。そこから、西院と賽の河原が結びつけられたようだ。

鴨川に隠された凄惨な過去

 デートスポットとして有名な鴨川。納涼床は夏の風物詩で、川の流れと風を感じながら食事を楽しむことができる。清らかな水をたたえ、訪れる人に安らかな時間を提供してくれるこの場所では、残酷な光景が繰り広げられていた。当時、鴨川の河川敷は「三条河原」と呼ばれる地域で、処刑場であるとともに死体の捨て場所にもなっていたのだ。さらに、斬首された首を見せしめのために晒し首にする場所でもあった。あの石川五右衛門が「釜ゆで」(生きたまま油が煮えたぎる釜に放り込まれた)で処刑されたのも、三条河原。この時は、五右衛門の子どもまで処刑されている。

 ちなみに、鴨川の河川敷には「六条河原」という地域もあった。三条河原を上回る規模の処刑場だったそうで、多くの命が奪われ、キリシタンの大量処刑が行われたのもこの場所。キリスト教徒が六条河原の十字架に縛られ、火炙りで処刑されたのだ。それには子どもも含まれており、泣き叫びながら焼き殺された子もいたとか。今では人気のスポットなので訪れたことがある方も多いと思うが、次に鴨川で時間を過ごす時には、ここで奪われた多くの命に思いを馳せてみてはいかがだろうか。

 今回ご紹介したのは、ほんの一部だが、本書には京都の心霊スポットや丑の刻参りの伝説など、ガイドブックには載っていないような怖いエピソードが多数掲載されている。一般的な観光地を巡るのも楽しいが、本書を片手に気になる場所に行ってみるのも面白そうだ。京都を訪れる予定のない方も、猛暑だと報じられている今年の夏を乗り切るために、本書でひんやりしてみては?

文=松澤友子

最終更新:8/11(木) 15:00

ダ・ヴィンチニュース

記事提供社からのご案内(外部サイト)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。