ここから本文です

【速報】日本1-0スウェーデン|3戦目で今大会初勝利を飾るも、コロンビア勝利で無念の敗退…

SOCCER DIGEST Web 8/11(木) 8:52配信

矢島が鮮やかなボレーシュートを突き刺す。

 リオ五輪グループリーグ最終戦のスウェーデン戦が、現地時間の8月10日19時(日本時間同11日7時)、ブラジル・サルバドールのフォンチ・ノーバでキックオフされた。日本は今大会初勝利を飾ったが、グループリーグ敗退が決まった。

【リオ五輪PHOTO】ブラジルの地で躍動した日本代表の全ゴールシーンを写真で振り返る

 日本は、GKにコロンビア戦に続いて中村航輔を起用。DFは左SBに藤春廣輝に代わって亀川諒史を入れ、右SBに室屋成、CBは植田直通と塩谷司というこれまでと同じ陣容。中盤はボランチに遠藤航と大島僚太、右サイドに南野拓実、左サイドに中島翔哉を起用した。2トップは興梠慎三と浅野拓磨の組み合わせとなった。

 日本は立ち上がりから前線からの積極的な守備でリズムを掴み、主導権を握る。5分には、ゴール前で中島が相手ゴールを脅かす動きを見せる。

 18分、日本は流れるようなパスワークでスウェーデン陣内に攻め込み、CKを獲得。南野のクロスから大島がボレーで狙ったが枠を外れた。

 日本は攻守のバランスを保ち、主導権を握ったサッカーを見せると、中盤以降スウェーデンはFWのアイダレビッチが最終ライン付近までボールを受けに下がる場面が目立つようになる。

 31分、日本は室屋からのパスを受けた南野が鋭いターンでゴール前に進出。南野のラストパスから興梠が狙ったが、ここはGKがセーブ。直後のCKでは、植田がヘディングシュートを狙うも、これもGKに阻まれた。 

 結局、前半スコアは動かず、0-0で終了した。

 選手を交代せず後半に臨んだ日本は46分、大島からのパスを受けた中島がクロスを送るが、わずかに浅野に合わずチャンスを逸する。さらに49分、中島からのスルーパスを受けた浅野が敵陣へ切り込む。ドリブルでの仕掛けからシュートを放ったが、ここはDFのブロックに遭ってしまう。

 もう一方のカード、コロンビア対ナイジェリアは、この時点でコロンビアが1点をリード。

 日本は57分に南野に代えて矢島慎也を投入。さらに61分、浅野に代えて鈴木武蔵を投入している。

 62分、日本は左サイドを破り、中島がシュートを放つもDFのブロックに遭いCKを獲得。そのCKのこぼれ球に鈴木が詰めるが、GKの好守に遭い、またしてもゴールネットを揺らせない。

 しかし直後の65分、日本はついに先制ゴールを奪う。左サイドのパス交換から大島が抜け出し、中央への折り返しを矢島が右足ボレーで合わせた。

 さらに畳み掛ける日本は67分、大島のクロスに塩谷がヘッドで合わせるが、クロスバーを直撃。追加点はならなかった。

 一方、コロンビア対ナイジェリアは、コロンビアの2点リードとなった。

 77分、日本は興梠に代えて井手口陽介を投入した。

 87分、日本は中島が最終ラインの裏に抜け出し、シュートを放つが、DFに寄せられシュートは枠を外してしまう。

 試合は1-0のままアディショナルタイムに突入。日本はその3分間をきっちりと守り切り、1-0で今大会初勝利を飾った。

 しかし、グループBのもう一方のカード、コロンビア対ナイジェリアで、コロンビアが2-0で勝ち、グループ2位を決めたため、日本のグループリーグ突破はならなかった。

最終更新:8/11(木) 19:20

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。