ここから本文です

【日本1-0スウェーデン|採点&寸評】手倉森ジャパンらしい「ウノ・ゼロ」勝利も、予選突破はならず

SOCCER DIGEST Web 8/11(木) 9:07配信

守備陣は全員及第点の働きで今大会初の無失点。

[リオ五輪グループリーグ第3戦]日本1-0スウェーデン/現地8月10日/アレーナ・フォンチ・ノーバ
 
【五輪日本代表・総評】 6
前半はアタッキングサードまで侵入するも、スローテンポに持ち込まれて相手のブロックをこじ開けられず。矢島と鈴木を投入後に圧力を上げて波状攻撃を仕掛け、後半は完全に主導権を握った。3戦目で今大会初勝利も、時すでに遅しだったのが悔やまれる。
 
 [個人採点・寸評]
[GK]
12 中村航輔 6
櫛引を押しのけ、2試合連続スタメン出場。前半終了間際のFKは直前でバウンドが変わってヒヤリとしたが、なんとか回避。攻めてこないスウェーデンにも助けられ、クリーンシートを達成した。
 
[DF]
2 室屋 成 6
立ち上がりから攻守に積極性を発揮。特にクイアソンとのマッチアップで主導権を握り、右サイドからの攻撃を牽引した。及第点の働きだが、クロスにもう少し工夫が欲しかった。
 
5 植田直通 6
身長180センチオーバーのアイダレビッチとイシャクを相手に空中戦を制圧。32分には相手DFの上からヘディングシュートを放ったが、GK正面に飛んでしまった。3試合目にして無失点に抑えたが、グループリーグ敗退とあって、本人に笑顔はなかった。
 
6 塩谷 司 6
イシャクとの肉弾戦で何度も地面に打ちつけられながら、粘り強く対応。時には大胆なサイドチェンジやインターセプトから前に出て行くシーンもあり、従来の水準にパフォーマンスを取り戻した。
 
15 亀川諒史 6
オーバーエイジの藤春に代わって今大会初スタメン。高い位置取りからどんどん仕掛けて行き、室屋に負けじと左サイドの攻撃の圧力を高めた。球際でもしっかり身体を入れて戦っていた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

【リオ五輪PHOTO】日本、矢島のゴールで初勝利を挙げるも無念の予選敗退

1/2ページ

最終更新:8/14(日) 7:43

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ