ここから本文です

【リオ五輪】手倉森監督、敗戦に目を潤ませ「俺に付き合ってくれてありがとう」

SOCCER DIGEST Web 8/11(木) 9:42配信

「この選手たちがロシア(W杯)に関わっていければいい」

[リオ五輪グループリーグ第3戦]日本1-0スウェーデン 現地8月10日/フォンチ・ノーバ

【日本1-0スウェーデン|採点&寸評】手倉森ジャパンらしい「ウノゼロ」勝利も、予選突破はならず

 今大会初勝利を決めた直後、無情な知らせが届く。同時刻に行なわれていたもう一方のカードで、コロンビアがナイジェリアを下し、2位通過を決めた。手倉森ジャパンの五輪が終わった。





 1分け1敗でスウェーデンとの第3戦を迎えた日本は、コロンビア戦で躍動した大島と南野を起用。良い流れを作った第2戦の後半のメンバーをスタメン起用した。

 立ち上がりから、前線からのアグレッシブな守備でボール奪取を繰り返し、主導権を握ると、縦に鋭い攻めでチャンスを作り出す。前半こそ無得点だったが、0-0で迎えた65分、日本は左サイドから大島が抜け出すと、グラウンダーのクロスに矢島がスライディングで合わせてついに均衡を破った。

 その後も決定機を次々と生み出し、スウェーデンゴールに迫った日本は、最後まで相手に主導権を渡さず、しっかりと勝ち切った。

 試合後、手倉森監督はやるせない表情で「運命は受け止めないといけない」と話し、「谷間の世代と言われた選手たちが世界で勝点をもぎとれることを示せたと思う」と初勝利を掴んだ選手たちを讃えた。

 そして、五輪チームはこの大会で解散となるが、「この選手たちがロシア(W杯)に関わっていければ」と今後への期待を示し、選手たちにどんな言葉を掛けたいかと問われた指揮官は、「ここまで俺に付き合ってくれてありがとうと。いい仲間だった」と目を赤く潤ませながら語った。

 

最終更新:8/11(木) 16:58

SOCCER DIGEST Web