ここから本文です

【リオ五輪】3週間後にはロシアW杯予選…キャプテン遠藤は「この経験を糧にしていく」

SOCCER DIGEST Web 8/11(木) 9:54配信

「個人のプロサッカー人生はまだまだ続く。この経験を無駄にしない」

[リオ五輪グループリーグ第3戦]日本1-0スウェーデン 現地8月10日/フォンチ・ノーバ

【日本1-0スウェーデン|採点&寸評】手倉森ジャパンらしい「ウノゼロ」勝利も、予選突破はならず

 手倉森ジャパンを率いてきた不動のキャプテンが、五輪の躍進を誓った。



 スウェーデン戦後のテレビインタビューを受けた遠藤航は、大会初勝利の感想を問われ淡々と語った。
「試合の入り方が良かった。点が取れたし、ゼロで抑えることもできた。結果的に突破できなかったのは残念」

 チームの立ち上げ当初から最年長の世代として存在感を示し、アジア予選からは一貫してキャプテンマークを巻いてきた。キャプテンとして「常に気持ちを前面に出してプレーすることだったり、積極的に声をかけることは意識してやってきた」と、五輪チームでの役割を振り返った。

 残念ながらグループリーグ最終戦に勝利したものの、コロンビアの勝利によってチームは志半ばで大会を去ることとなったが、「この経験を糧にしていかないといけない」と前を向く。

「ここで五輪は終わってしまうが、個人のプロサッカー人生はまだまだ続いていく。この経験を無駄にせず、一人ひとりが努力を続けていかなければ」とこれからの決意を語った遠藤。約3週間後の9月1日にはロシア・ワールドカップのアジア最終予選という新たな戦いが始まる。敗退に落ち込んでいる暇などない。

最終更新:8/11(木) 16:55

SOCCER DIGEST Web

なぜ今? 首相主導の働き方改革