ここから本文です

【セルジオ越後】1位突破の韓国と、TVに無視される“アジア王者”。最後に勝っても慰めにもならないよ

SOCCER DIGEST Web 8/11(木) 14:30配信

グループ3位という成績は、妥当な結果だ。

 決勝トーナメント進出を賭けたスウェーデン戦で、日本は矢島のゴールで勝利を収めた。スコアは1-0だけど、もっと点を取れたよね。

【リオ五輪PHOTO】ブラジルの地で躍動した日本代表の全ゴールシーンを写真で振り返る



 ようやく今大会初勝利を挙げたわけだけど、どう見ても相手のコンディションは悪かったし、レベル的にも一番低かった。気の毒になるぐらい、スウェーデンは立ち上がりから受け身で、奪ってからの展開力もない。決着が付く前から、すでにギブアップという状態だった。
 
 そんな相手に日本は勝ったに過ぎない。そして、勝点3を積み上げても、「時すでに遅し」だ。ナイジェリアとの最終戦に挑んだコロンビアはしっかりと勝利を収め、グループ2位で突破を決めた。日本のリオ五輪はここで終わったというわけだ。
 
 最後に勝ったからといって、慰めにもならない。初戦のナイジェリアとは4-5の打ち合いに敗れ、続くコロンビア戦では2点のビハインドをなんとか追い付いてドロー。そしてスウェーデンには勝利した。
 
 試合を重ねるごとに本来の力が出せるようになってきた? 3戦目にしてガソリンが切れかかっているスウェーデンを下したところで、それほどの価値があるとは思えないね。相手のおかげで尻上がりに調子が良くなっていったように“見せてもらった”だけだ。勘違いしてほしくないね。これが初戦だったら、日本が勝てたかどうかあやしいよ。
 
 そもそも、最終予選で優勝して、アジア王者になって、チームも周りも錯覚してしまったんじゃないかな。あの予選を冷静になって振り返れば、紙一重の戦いぶりだったし、日本は決して「横綱」ではなかった。
 
 五輪に出場できたこと自体が、ある意味、奇跡的と言っていいかもしれないし、メダルを狙うレベルにはなかったんだろうね。だから、そこまで気落ちする必要はない。グループ3位という成績は、実力的に言えば妥当な結果なんだ。
 
 その一方で、フィジー、ドイツ、メキシコと同組になった韓国は、2勝1分と負けなしで準々決勝に進んでいる。これではどっちがアジア王者なのか分からないよね。
 
 日本はグループリーグの3試合のみ。韓国はこれからメダルを目指した戦いに挑む。五輪という貴重な国際舞台での経験値の違いが、後々のアジアにおける戦いでどんなふうに影響してくるのか。そう考えると、日本サッカーの行く末が心配でならないよ。
 

1/3ページ

最終更新:8/12(金) 16:59

SOCCER DIGEST Web

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。