ここから本文です

【SBSカップ】再三のチャンスを決められず…。東京五輪のエース候補・岩崎ら擁するU-19日本代表は黒星発進

SOCCER DIGEST Web 8/11(木) 19:49配信

インターハイで輝いた針谷らを投入し反撃するも…

[SBSカップ第2試合]U-19日本代表0-1U-19コスタリカ代表/8月11日/藤枝総合運動公園サッカー場 ※前後半40分ハーフ
 
 今年で40回目を迎えたユース年代の国際大会「SBSカップ」が、11日に静岡県内で開幕した。U-20ワールドカップ出場権を懸けたアジア最終予選を10月に控えるU-19日本代表は、U-19コスタリカ代表と対戦。再三チャンスを作りながら決定力を欠き、初戦を0-1で落とした。
 
 日本は、岩崎悠人(京都橘高)と吉平翼(大分)が2トップを組む4-4-2でスタート。開始3分に岩崎のクロスから吉平が決定機を迎えると、その後も15分までに二度の決定機を創出するなど勢いを見せる。しかし、コスタリカゴールを陥れられないまま前半をスコアレスで折り返す。
 
 後半も岩崎のシュートがクロスバーに嫌われるなど決め手を欠くと、60分にコスタリカのブライアン・ロペスが放ったシュートが、CBの濱大耀に当たって不運にも失点。その後、初代表の針谷岳晃(昌平高)らを投入し反撃に出たが、最後まで1点が遠かった。
 
 なお、4チームにより(総当たり・リーグ戦)争われる今大会には、U-19スロバキア代表、静岡ユースも参加。両者で争われた一戦は、U-19スロバキア代表がスコアレスのまま迎えたPK戦を5-4で制している。
 
 U-19日本代表は12日に、静岡ユースとの第2戦を迎える。

最終更新:8/11(木) 20:09

SOCCER DIGEST Web

Yahoo!ニュースからのお知らせ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。