ここから本文です

SKE48選抜ユニット・ゼブラエンジェルが新メンバー加入で真剣に悩む「もっと有名にするにはどうすれば…」

週プレNEWS 8/11(木) 11:00配信

以前、週プレモバイルでも連載をしていたSKE48のメンバーで構成された「ゼブラエンジェル」。新メンバーも加入したということで、久しぶりに週プレNEWSが独占取材に行ってきました。

【画像】対談するゼブラエンジェルメンバーと徳井健太

ゼブラエンジェルといえば、ぱちんこメーカー「京楽産業.」のキャンペーンユニット。過去にはSKE48の1期生、高田志織や出口陽、2期生の古川愛李といったメンバーが所属し、何度かメンバーが卒業するたびに補充してきたのだが、今年の4月に須田亜香里、石田安奈、谷真理佳の3名が加入。

現在、矢方美紀(みきてぃレッド)、斉藤真木子(まっきいブルー)、山内鈴蘭(らんらんグリーン)、谷真理佳(たにパープル)、石田安奈(あんにゃイエロー)、須田亜香里(だーすーオレンジ)、竹内舞(まいまいピンク)の7名で活動中だ。

今回は以前、ニコニコ動画のオリジナル番組(現在は終了)で共演をしていたお笑いコンビ・平成ノブシコブシの徳井健太氏も参戦し対談が実現。先日のAKB48選抜総選挙で7位になった須田、SKE48のキャプテン・斉藤、そして谷の3名がメンバーを代表し語ってくれた。

* * *

―今回、須田さんと谷さんが加入してから初インタビューとなりますが、先輩として斉藤さんはふたりをどう見ていますか?



斉藤 今回は長くこのメンバーで固定できるといいなって思っています(笑)。

須田 確かにメンバーの卒業が続きましたからね。私も当分卒業しないという約束で、ゼブラエンジェル入りが決定しました!

谷 私も卒業の予定は一切ありません!

―ひと安心です(笑)。須田さんと谷さんはゼブラエンジェルを知っていました?

須田 実は私、SKE48よりも先にゼブラエンジェルを知っていたんです。

谷 そうなんですか!?

須田 ゼブラエンジェルの前身、ゼブラ戦隊ってあったじゃないですか。1期生の先輩の出口(陽)さん、高田(志織)さん、小野(晴香)さんの3人でやっていたやつです。学校の行き帰りの道に3人の看板が飾ってあったんですよ。

斉藤 そうそう。名古屋にゼブラエンジェルの大きな看板が飾られていたんですよね。



須田 すごくカワイい3人だなって思って。ある時、SKE48のサイトを見たら、3人がメンバーとしていることに気づいたんです。先輩たちがいたユニットに今、私が入れているのはすごく嬉しいですね。京楽さん、お願いします! 私も看板にしてください!

斉藤 また誰かが卒業するかもしれないから作ってくれないよ、きっと(笑)。



谷 ゼブラ子ちゃん(サンシャインKYORAKUイメージガール)のCMばかりやらないで、私たちをもっと取り上げてください!

―スゴいアピールですね…一応、担当者に伝えておきます(苦笑)。

谷 私はSKE48に移籍してからゼブラエンジェルの存在を知りました。いつもチームKⅡの松村香織ちゃんが『ゼブラエンジェルに入りたい!』というのを聞いていて、そこから存在が気になり始めて。まさか自分が入るとは思ってもみなかったですけど。

―(と、ここで遅れてやってきた、平成ノブシコブシの徳井健太氏が登場)

斉藤 えーーーーー!?

須田 大物がきたーーーーー!

谷 ウソでしょーーーーー!? ホントですか?

徳井 アハハハ、番組が終わってから久しぶりに京楽ビルに来ましたよ。須田さんはこの前、お会いして、斉藤さんはキャプテンになり、谷さんは初めてですね。



斉藤 いきなり徳井さんが来たってことは何かあるんですか?

―せっかくの再会で盛り上げていただこうかなーと。徳井さんはゼブラエンジェルとは久しぶりのお仕事なわけですね。

徳井 そうですね。須田さんが入ってきたということは、ついにエースを投入ってことですね。選抜総選挙7位様ですから。これはかなり大ニュースですからね。

斉藤 人材不足のゆえ、ついにエースを投入しました(笑)。

須田 しばらくいますよ!

徳井 須田さんといえば、努力の女王様ですからね。ということは番組も復活するってことですか?

―いや、それはまだ決まってないようです…。

徳井 となると、新メンバーを加えた7人に頑張ってもらわないといけないですね。

斉藤 あっ、はい…。

◆この続きは明日配信予定! 3人が徳井と本気の企画会議!?


●「SKE48ゼブラエンジェルのぱちばん!!」…ゼブラエンジェルが人気ぱちんこライターとタッグを組み、番組内でぱちんこガチ対決!(毎月第1・3木曜日更新)

(取材・文/林 将勝 撮影/武田敏将)

最終更新:8/11(木) 15:16

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.50
11月28日(月)発売

定価400円(税込)

トランプと「新イスラム国」が日本の神風に
なる!/年末ジャンボ155売り場へ/最新
スポーツカーが超カッケー【グラビア】内田
理央/忍野さら/水原ゆき/都丸紗也華 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。