ここから本文です

実はツンデレ? 木村沙織、宮下遥らバレー女子代表の胸キュンエピソード!

週プレNEWS 8/11(木) 6:00配信

8月5日(日本時間6日)に開幕したリオ五輪。世界中のトップアスリートによる熱い戦いが見ものだが、印象に残るのはむしろ、競技終了後の姿。

【画像】女子バレー界のツンデレ女王・宮下遥

人目をはばからず涙を流したり、全身で喜びを表現したりする女性アスリートたちに、つい心を奪われてしまう人も多いはずだ。ああ、彼女たちと付き合えたら…。いや、いっそ彼女たちと結婚できたら…。

TV中継を見ながら、思わずそんな妄想を繰り広げてしまうが、勝負の世界で生きるアスリートとの恋愛って実際どんなものなのだろう?

選手たちの表も裏も知り尽くしたスポーツライターたちの証言をもとに、彼女たちの素顔に近づいてみよう。まず、最初に話を聞いたのは女子バレーに精通するN氏。

「木村沙織さんはスーパー女子高生と呼ばれた頃から嫌味のない天然系。男性にも女性にも好かれる珍しいタイプですね。取材もいつも笑顔で答えてくれる優等生で『引退後はカフェをやりたい』という女のコらしい夢も持っています」

う~ん、なんとも素敵な人生設計。さすが、みんなのアイドル“サオリン”だ。

「中学生で全日本に選ばれた宮下遥さんは、デビュー戦で前歯を折っても出場し続けるなど勝ち気な性格です。でも一方で『ひとりでは耐えられない。誰かといたい』とコメントするなど、意外にさみしがり屋な面もあるんです。チームメイトにも『遥は結構、ツンデレです』と評されています」

さみしがり屋のツンデレ…そんな理想的な女のコがいるなんて!



「女子力の高さでいうと、佐藤あり紗さんは今どきのオシャレな女のコですよ。まつエク、エステは欠かしませんからね。でもとにかくマメで、差し入れをすると、食べているところの写メを送ってくれたり、こまやかな気遣いができる。チームメイトからも『自分が男性だったらお嫁さんになってほしい』と評判の高い選手です」

他にも、リオ五輪代表には女子力が高い選手がまだまだいる。発売中の『週刊プレイボーイ』34・35号合併号では、そんな注目ヒロインたちを大特集。7人制ラグビーから陸上、新体操まで、五輪観戦がますます楽しくなる記事を掲載中だ。

(取材/和田哲也 写真/日本雑誌協会)

■週刊プレイボーイ34・35合併号「お嫁さんにしたいリオ五輪のヒロインは誰だ!!」より

最終更新:8/11(木) 6:00

週プレNEWS

記事提供社からのご案内(外部サイト)

週刊プレイボーイ

集英社

No.51
12月5日(月)発売

特別定価470円(税込)

トランプが仕掛ける新条約が鬼すぎ!/アス
トンマーティンCEOを独占直撃!/スマホ
3大キャリアを卒業しよう【グラビア】馬場
ふみか/鈴木ふみ奈/松本愛/三城千咲 他

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。